たくさんの方々のご支援をいただき、私たちのプロジェクトもまもなく目標額に達しようとしています。

松が丘助産院の院長の宗です。

助産院に初めて訪れる方々は、ほとんどの場合、既に赤ちゃんを産む決意をしていらっしゃいます。
しかし思いがけない妊娠で戸惑いながら、生むことを決意していらっしゃっる方もあります。


その中のお一人をご紹介します。

Aさんは、助産院に見えた時から、パートナーには何も期待していない。シングルで自分一人で育てると、おっしゃっていました。しかし良く聞くと、パートナーは10歳以上年下の19歳の方でした。

松が丘助産院は必ず産む前にパートナーに参加して貰う両親学級を開いています。その為、パートナーに来て貰う様に頼んで欲しいとAさんにお願いしました。
そしたらちゃんとパートナーの方がその両親学級にみえたのです。

Aさんはその後も1人で産むと言う主張を変えず、妊娠中もすべて健診にも1人で見えました。経済的にも全くパートナーを頼る気配もありませんでした。


陣痛が来た時も助産院に1 人でいらっしゃいました。

私が本当に、パートナーの方はいなくていいの?と聞いたのですが、「いなくて良い」と言うことでした。
Aさんは、誰の付き添いもなく、一人で陣痛を乗り越えていました。

しかしお産がどんどん進んでくる中で、「私電話するから」と言って助産師である宗が、そのパートナーの方に電話をいたしました。
そうするとすぐに電話に出たのです。
多分とても心配して待っていらっしゃったと思います。

お産は大変スムーズに進み、そのパートナーの方もすぐに到着したので、しっかりとAさんを支え、赤ちゃんが生まれるのに立ち会う事ができました。
パートナーの方は、赤ちゃんが生まれた後、静かに涙を流していらっしゃいました。

一か月半の健診後はしばらくAさんからは音沙汰がなく、結婚したとの報告もありませんでした。
しかし、4年ぐらい経ってから、2人目を妊娠していらっしゃいました。
なんと同じパートの方との間に、2人目ができたのです。

その時にAさんは、「ご無沙汰していてすみませんでした。あの時に先生が電話をかけてくれなければ、今の私たちはありません、本当に感謝しています」と言ってくださったのです。

ふたりめの出産後ご家庭にも訪問いたしました。ちゃんとパートナーの方との間に、決して裕福ではありませんが、落ち着いた家庭を築き、親子4人の生活をしていらっしゃいました。

Aさんはパートナーの方に遠慮もしていらっしゃったと思います。
しかし思い切ってお産の時に電話をしたことが、2人の強い絆になったと信じています。
思いがけない妊娠でも、ちょっとした私たち助産師の後押しで、安定した家庭を築く事ができたAさん。

はじまりは思いがけなくても、私たちの支援によって自立していける。そんな相談支援窓口を運営したいと思っています。

皆様のもう一押し、ご支援をお願いいたします。

新着情報一覧へ