READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

小説好きのあなたに未発表の作品を届けたい。

jean1949paul

jean1949paul

小説好きのあなたに未発表の作品を届けたい。
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月10日(月)午後11:00までです。

支援総額

0

目標金額 1,100,000円

0%
支援者
0人
残り
17日

最初の支援者になりませんか?

プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
0お気に入り登録
0人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月10日(月)午後11:00までです。

0お気に入り登録
0人がお気に入りしています
2021年03月20日 07:31

(上)の抜粋。『ホタテと瓢箪』その4。「無茶と無謀」

 Reiはわたしとの未来をまったく想定していなかった。わたしとの逢瀬はReiの楽しいひと時。それで充分だったのかも知れない。充分だったからこその曖昧な返事。他人ごとの行。わたしは違った。楽しかったひとつひとつを想い出す度にこの楽しさは本物。やっと男を選んだ。選べたと舞い上がった。Reiもわたしに選ばれた喜びを隠さなかった。ならばわたしの未来はReiと共に在る。これが錯覚。独り相撲だった。
 それが分からなかったわたしは鈍い。
 男って分からない。中でも分からないチャンピオンがRei。わたしの楽しさは本物。Reiの楽しさはニセモノ。そんなことは無い。わたしには確信が在った。年間七〇日前後の東京出張。多い時にはサッポロから月二回。出張時には必ずわたしとの一日を作ってくれた。時には出張の後に休暇を取ってくれ小旅行に出かけた。今回は無理なのかなぁ。
 東京に居ることは分かっていた。サッポロに戻らなければならぬ日も知っていた。戻る日は明日。連絡が無かった。やはり今回は無理だったと諦めてベットに入った。眠れないまま時計を見ると一時を過ぎていた。その時部屋の窓にコツコツコツンが鳴った。
 Reiだ。カーテンを開けるとReiが佇み嬉しそうに右手を胸の処で小さく振っていた。
 わたしは胸キュ~ン。
「逢えないままサッポロには戻れない」
「とっくに終電の時間は過ぎているのに…」
「新宿からタクシー」
 また胸キュ~ン。
 わたしは枕を抱えパジャマ姿でReiの寝床にもぐりこんだ。
 この時を境にReiの東京出張は激減。三ケ月も逢えなくなるとわたしは焦り始めた。Reiが遠くなるにつれわたしは願をかけた。朝比奈の切通まで足を伸ばし熊野神社に参拝。「Reiに女が出来ませんように」。願掛けはお百度参り。百回は無理。それでも頑張って横浜との境まで七回通った。効を奏したのか否かは分からないけれどReiに新しい女ができたとは聞こえて来ない。わたしは情けない女。

 わたしはReiの仕事の情況を知らない。概要は伝えられていた。Reiは意図的に情況を知らせなかったのだろう。何故ならわたしは『お嬢さん』。それでも逢うたびにReiの眉間の縦皺の深さに気づいていた。Reiは何時ものように明るく振る舞っていた。
「お仕事は順調なの」
「あまり上手くいっていない。でも何としてでも乗り切る」
「わたし。応援しているから。忘れないで」
「ありがとう。力を尽くしてみる。それでダメなら…」
 Reiは「ダメなら」以降を呑み込んでしまった。これが最後の食事になった。関内の中華街のアーケードや店の看板や行き交う人の流れは切なく儚い。それらが記憶に残った。ダメなら以降を呑み込んだ先も記憶に残った。先とは力を尽くしてダメなら今の仕事を止める。Reiに止められるのだろうか。自ら創り出した仕事を止められるはずがない。もし止める時が来たとするならば自らではなく外的要因による頓挫。重い病。病は自らの範囲だけれど元気なReiには考え難い。けれども在り得ないことではない。無茶が当たり前のReiの身体は何時か悲鳴を上げる。わたしはこれが最も心配。重い病は自らの支持基盤からの見放しに繋がりかねない。

「死線を彷徨っているReiさんはもうダメだな」
 同時に資金難が始まる。Reiは自らの借金能力の限界まで踏ん張る。これらは何れも止める時。止めなければならぬ時。Reiなら資金難にわたしを巻き込んだりはしない。けれどもお金の問題でReiの先が拓けるならばわたしは応援できる。応援したい。教師生活七年での貯金が在る。わたしは腹を括った。思い切りが良いのもわたし。食事の後もそれからもお金の話しはReiから発せられなかった。Reiは最後の最後のドン詰まりまで踏ん張る。それがReiだ。無茶でも無謀でもそれを分かっていてもこうと決めたら止めないのがRei。そんな処に魅かれてしまったわたしも無茶で無謀なのかも。


 

プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
(上)。ホタテと瓢箪。その3。『もの書き』(上)の抜粋。『ホタテと瓢箪』。その5。「安心と興奮」
一覧に戻る

リターン

5,000

応援してくれた方には直ちに感謝のメールを送らせてもらいます。

応援してくれた方には直ちに感謝のメールを送らせてもらいます。

『どうせ死ぬなら恋してから(上)(下)』の書籍を郵送します。

支援者
0人
在庫数
200
発送完了予定月
2021年7月
このリターンを購入する

10,000

10000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせてもらいます。

10000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせてもらいます。

『どうせ死ぬなら恋してから』の書籍を郵送します。それと拙著の『未来探検隊』(圧縮ワープロ原稿)を添付メールで送ります。

支援者
0人
在庫数
200
発送完了予定月
2021年7月
このリターンを購入する

15,000

15000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせて頂きます。

15000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせて頂きます。

『どうせ死ぬなら恋してから』の書籍を郵送します。それと拙著の『未来探検隊』『スパニッシュダンス(上)(下)』をワープロ圧縮原稿を添付メールで送信します。

支援者
0人
在庫数
200
発送完了予定月
2021年7月
このリターンを購入する

20,000

20000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせて頂きます。

20000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせて頂きます。

『どうせ死ぬなら恋してから(上)(下)』の書籍を郵送します。次に『未来探検隊』『スパニッシュダンス(上)(下)』『』アンダルシアの木洩れ日』のワープロ圧縮原稿を添付メールで送ります。

支援者
0人
在庫数
200
発送完了予定月
2021年7月
このリターンを購入する
プロジェクトの相談をする