READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療にご支援ご協力よろしくお願いします

京橋 竜士

京橋 竜士

猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療にご支援ご協力よろしくお願いします

支援総額

511,000

目標金額 180,000円

支援者
139人
募集終了日
2021年3月22日
プロジェクトは成立しました!
27お気に入り登録
27人がお気に入りしています

終了報告を読む


27お気に入り登録
27人がお気に入りしています

プロジェクト本文

ネクストゴールについて

 

3月23日追記

ネクストゴールの支援金は、今までの薬の費用の返済と経過観察期間の通院費に充てさせていただきます。

学費の納付の時期と重なっており、払えずお金を借りたのでその返済に充てさせていただきます。

1回目の投薬費用:665,830円

経過観察期間の通院費:62,458円

 

 

下記の資金使途から変更した背景についてはこちらに記載しております。

 

11月29日から2月20日の間、投薬を行い経過観察の期間に入っていましたが、徐々にご飯の食べる量が減ってきたので、本日(3月10日)病院に行き血液検査を行ったところ白血球数と血糖値が基準値を超えており、再発の可能性があると診断されました。「体内で炎症が起こり白血球が増え、炎症のストレスで血糖値が上がっている可能性がある」と言われました。

まだ、再発と決まったわけではないですが、再発とわかってからだと間に合わないので念のため、ネクストゴールを設定させていただきました。

再発時は、投薬量を2倍となり4週間の投薬を行います。

100mg:3000円かかるので、

体重  薬                            

3Kg × 3000(100mgあたり)× 2 × 28 日 = 504,000円と手数料12%を上乗せした

777,000円をネクストゴールとして設定させていただきます。

 

自分勝手なお願いですが、引き続きご支援ご協力よろしくお願いいたします。

 

3月10日 血液検査結果

 

 

▼自己紹介

はじめまして京橋竜士と申します。

エルは生後5か月ほどの元野良猫です。

エルとは、11月1日に出会いました。初めて会った時から肩に乗ってくるほど人懐っこいです!胸の上で寝たり、あとをついてきたりとてもかわいいです!


 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

エルを助けたいです!

初めて猫を飼い楽しく過ごしていたのですが、飼い始めて2週間経過した頃からご飯の食べる量が減ってきました。その時、ご飯を病院食から市販の物に変えた直後だったので、「ご飯があっていないのかな」と思っていたのですが、次第に下痢気味になってきたので病院に行ったところ猫伝染性腹膜炎と診断されました。

まだ日本に有効な治療法がないので、延命治療を続けていましたが元気がなくなっていき、ご飯も食べずに一日中寝ている日々が続きました。「絶対に助けたい」と思い、ネットで病気について調べていたところ薬を知り、現在投与しています。

 

猫伝染性腹膜炎とは、何らかの原因で猫コロナウイルスが変異し腹膜に炎症が起こる病気です。(原因は、ストレスとも言われていますが、詳しいことはわかっていないみたいです。)

胸や腹に水が溜まるウェットタイプ、黄疸や神経症状が出るドライタイプの2種類が存在しており初期症状は、食欲不振・発熱・下痢の症状が出始め、次にウェットタイプかドライタイプの症状が出ます。早ければ数日、長くても数か月で亡くなってしまう恐ろしい病気です。

 

は、日本では未認可であるため非常に高額であり84日間投薬しなければなりません。

11月29日から治療を行ってきましたが、体重の増加による投薬量の増加や診察などの出費で残り21日分の費用が足りないため、ご支援ご協力していただけないかと思いプロジェクトを立ち上げました。

 

▼プロジェクトの内容

支援金は薬の購入資金に充てさせていただきます。

エルはウェットタイプなため、1Kgあたり100mgの投薬が必要です。現在、2.2Kgなので毎日250mgの投薬が必要となってきます。

 

7500円(250mg/日)
7500円 × 21日 = 157,500円となり、プラス手数料12%足した

180,000円を目標金額に設定しました。

 

▼これまでの活動

11月20日 血液検査

      猫伝染性腹膜炎と診断

11月28日 お薬購入(200mg2週間分)

11月29日 投薬開始

 

12月7日 お薬購入(200mg3週間分)

12月26日 お薬購入(200mg2週間分)

1月4日 投薬開始1ヶ月経過の血液検査

1月14日 お薬購入(250mg2週間分)

1月29日 投薬開始2ヶ月経過の血液検査

 

▼最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。

投薬する前はご飯も食べず1日中寝ているだけでしたが、今では元気に走り回ったりカーテンをよじ登ったりしています!

しかし、2ヶ月の血液検査の結果が良くなく投薬期間が延びる可能性があると言われました。

元気になっていっているのは嬉しいですが、まだ安心することはできません。投薬を終え、皆様にもエルが元気になった姿を見ていただきたいです。

どうか、ご支援ご協力よろしくお願いいたします。

 

 

万が一、治療期間中に亡くなってしまった場合でも、返金は致しかねます。
またその場合は、資金これまでの治療費・検査費・餌代等にあてさせていただきます。

 


【プロジェクト終了要項】

●治療・手術対象    
エル(猫、生後5か月)

●治療・手術内容    
猫伝染性腹膜炎の診断のため、投薬治療を行う。

●治療・手術完了予定日    
2021年2月20日

 

プロジェクトページ表記における法令遵守の観点から、「薬品名」「薬が獣医による診療の中で処方される場合、事実と異なる購入等の表記」を削除、修正させていただきました。
2021年3月9日 READYFOR事務局

プロフィール

京橋 竜士

京橋 竜士

リターン

1,000

写真付き(1枚)のお礼のメール

写真付き(1枚)のお礼のメール

写真付き(1枚)のお礼のメール

を送らせていただきます。

支援者
66人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年4月

3,000

写真付き(3枚)のお礼のメール

写真付き(3枚)のお礼のメール

写真付き(3枚)のお礼のメール

を送らせていただきます。

支援者
37人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年4月

5,000

写真・動画付きのお礼のメール

写真・動画付きのお礼のメール

写真(5枚)、動画1本(30秒ほど)付きのお礼のメール

を送らせていただきます。

支援者
26人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年4月

10,000

オリジナルポストカード付きのお礼のメール

オリジナルポストカード付きのお礼のメール

写真(5枚)、動画1本(30秒ほど)付きのお礼のメール
オリジナルポストカード1枚(郵送)

を送らせていただきます。

支援者
10人
在庫数
完売
発送完了予定月
2021年5月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

NEW

インスリン使用者が利用しやすいカフェを作る

tomomi allentomomi allen

#医療・福祉

20%
現在
60,000円
支援者
6人
残り
25日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする