プロジェクト概要

 

軽度障がいを持つお子さん達が安心・安全に通えるように

送迎用車両を購入したい!

 

はじめまして、株式会社Stiff−Ties 代表取締役の木田豊彦です。これまで、人材会社として、様々な人に助けられながら人材を輩出して来ましたが、今度は自分が社会に恩返しをしたいという強い意識から、2015年12月に放課後等デイサービスを開始致しました。

 

放課後デイサービスには色々なお子様が遊びにきてくれます。その中でも、軽度障がいを持つ子供さんが、安心して通所していただけるように、又、通所を断念されていた方への必須サービスとして、送迎用車両の調達を行い、自宅、学校などへの足として利用したいのですが、資金が不足しております。こども達にとっては、欠かすことの出来ないアイテムです。是非皆様ご協力お願い致します!

 

 

 

人材業界で働いてきた自分だからできること

子どもたちの強みを活かし、将来的な就職を見据えた指導をしていきたい!

 

これまで、人材業界で20年近く働いてきました。仕事上での挫折や悩み、先行きの不安などがあった時に、諸先輩方に、様々な仕事上での悩みを聞いていただき、アドバイスも沢山いただきました。多くの方々に助けて頂き、壁を乗り越え、今の自分があるのだと、感謝をしています。この、今までの経験を生かし、何か社会に恩返しが出来ないか、このノウハウを何かに生かせないかと、ずっと考えておりました。

 

人材業界に務める中で、企業様に求められる人材の姿とは何なのか、必要とされるものが何であるのかを今まで様々な経験をする中で、学んだものがあります。面接の仕方、仕事で必要なマナー、メンタル部分の保ち方など、仕事をする、就職をする上での多くのノウハウを学んできた事で、将来就職を目指している子供たちの為に、生かすことが出来るものがあると感じていました。

 

そして、知り合いから放課後等デイサービスの事を聞き、聞いた瞬間に、「自分がやるべき事はこれだ!」とすぐに決断しました。今までの経験を生かして、子供たちの将来の為に少しでも力になりたいと強く思います。

 

 

 

仕事上、軽度障がいを持った子供たちの将来を心配する親御さんたちとよく出合います。親御さん達は多くの不安や心配を抱えています。人材会社で働き、企業がどのような人材を必要しているのか、必要とされている人材像がどのようなものなのかを学んできた自分なら、これまでの人材会社で得た知識や人脈をこども達の役に立てられるのではないかと考え、放課後等デイサービス絆を立ち上げました。

 

 

 

子どもたちの個性は十人十色。

一人一人にあったプログラム制作を。

 

放課後等デイサービス絆には、6歳から18歳までの子ども達が通っています。子供たちごとに個別の療育プログラムを、国家資格を持った臨床心理士の先生が組んでいます。その子に必要とされる内容で療育を行っておりますので、一人ひとりが違うプログラムになっています。遊びの中から学ぶものや、勉強のような事など、ストレスなく楽しく学べる環境の中で療育を行っています。通所されている子供さんたちは、皆楽しそうに療育を受けておられます。

 

軽度障がいを持った子供たちが通所されていますので、子供一人ひとりが違ったプログラムになりますが、一つだけの能力を伸ばすと言う事だけではなく、ここをもう少し出来るようにすることで、他も能力のアップが出来ると言う観点から、その子独自のプログラムを組み、出来なかったことを出来るように近づける事を目指しています。

 

就職をするために必要な能力の向上をするために、苦手なものを軽減させる事によって、将来就職が楽に出来るように、その子独自のプログラムを特別に組んで、療育を実施しています。

 


 

 

私達のデイサービスに通いたい、通わせたいという声を多数頂いてます。しかし、子供が一人で通うには距離もあり、また近くても、1人で通わせるには、何があるか分からないとの事で、子ども達を送れず親御さんも困っている状況が多々出てきております。それを解消するには、送迎用の車両を購入して、こども達を学校や自宅に迎えに行き、送り届けることが必須となっています。こども達の将来の夢、親御さんたちの安心の為に、送迎用の車両はどうしても必要不可欠なものです。皆様ご支援、ご協力お願い致します。

 

〜〜・〜〜・リターンについて・〜〜・〜〜

■3,000円支援して頂いたかたに!

■10,000円支援して頂いたかたに!

■30,000円支援して頂いたかたに!