デフパペットシアターひとみ劇団の大里様よりコメントです。

【7月30日仙台市一寸法師公演】



《デフパペを招き、

障がいに関係なく子供たちが交流できるイベントを仙台で開催したい!》



という熱い思いをお持ちのみやぎデフ親子クラブの代表・渡辺敦生さんは、今までに、耳が聞こえない子どもを持つ親が育児等の悩みをサポートしたり、聞こえない子どもと聞こえる兄弟姉妹、聞こえない親を持つ聞こえる子どもに向けた様々な企画を開催されてきました。

 

 東日本大震災で、聴覚障害者が地域に住んでいるという認知の少なさや、避難時の声掛け・物資の配給や被がい状況の情報提供が不足していた経験から、

 地域で協同して、障がいの有無に関係なく、全ての人の居場所が保障される豊かな地域社会を作っていくことをミッションに今回はじめてあらゆる方に向けた企画を立ち上げました。

 

手話に興味をもつきっかけ作りたいと思い、今回は特別にデフパペ代表・善岡修のトークショーもついています。



是非皆様でお運びください!

-----

日時:2016年7月30日(土)

13:00開演約90分(休憩なし)

会場:仙台市宮城社会福祉センター(仙台市青葉区下愛子字観音堂27-1)

◎公演後に聴覚障がい(耳が聞こえないことってなに?)について、劇団代表善岡修氏とアフタートークを行う。


Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています