花押易カードご紹介 「天雷无妄(てんらいむもう) 」

花押易カードが一枚ずつ出来上がってきています。

 
それぞれの個性あふれるカードと
その物語をお楽しみいただけたら幸いです。

 
 今日のカードは、

 【25天雷无妄 (てんらいむもう)
】

 

64枚中、25番目のカードです。

 

 

「无妄」むもう or ぶもう と読みます

この「无」も馴染みがない文字です。

 

无=無
妄=欲に目がくらむ。嘘。

 

妄は、何かにとらわれて、
平常心がなくなってしまったことを指しています。

 

 

このカードは、今、何かにとらわれて
平常心を失いそうだと、伝えています。


その危機を脱するには、欲のない自分
ありのままの自分に立ち返ることが、大切です。

まずは、頭を冷やして、冷静になることです。

 

 

カードの中央の 花押 は、亜侑が
「无妄」の字を元に創りました。


妄の“女”の部分に“无”の字をプラスして
“無”のイメージを加えたものです。

 

 

風水の加奈子さんによれば、
「誠、正しくないことや
真実のない行動は災いがある 。

この時には、天意に従って動くべき時、
すべて 自然の成り行きに任せ、
どこまで無心、 無欲になれるか、という意味。


花押から修行僧が座禅を組んでいる姿、
あぐらをかいて、 ひじ掛けに肘をついて、
無心、自我がない状態で天とつながっている
のをイメージしました。


「天」は「乾」=金性を表します。
金性の色は白で、シルバーでもいいのですが、
今回はグレーのグラデーションです。

雷は激しいイメージがありましたが、
今回の意味から、もっと静かな光なのではないかと思い、

天と光がつながっていっているようにできればと思います」

 

 

そして美樹さんが、この形に成るように、
デザインしたものを、ご覧いただいています。

 

 

このカードから祀龍さんが受け取ったメッセージは

【自分の呼吸に、静かに耳を傾けてごらんなさい

そこに、ありのままのあなたが居る】
 

 

自分に正直なありのままの姿
それは、どんな姿なのか。
ありのままの自分とは。


このカードが表れたら、
その姿に、静かに向き合う時です。

 

その新しい視点を持つと、
見えなかったものが見えて来ます。

 

 

71枚の内の64枚は、それぞれに風景のような物語があります。

 

そして、7枚は時(timing)を知らせてくれます。

 

このカードが、お手元に届くまでに、71枚のメッセージを、

お伝えすることが、出来ますことをとても、うれしく感じています。