花押担当の大田亜侑です。

 


わたしは、ご縁があって、10数年前に

花押を習って自分の花押を創り、その後は

毎年、花押展に出品してきました。

その花押展を見た易者の友人、高島祀龍さんから

「花押で易のカードを作りましょう」と声をかけて頂いて、

この花押易カードのために、

易の64卦を表す花押を毎日、創っています。

 

 

花押はいわば、デザイン化した署名ですが、

この花押易カードの花押は少し意味合いが違います。

 

 

易は64の卦で構成されています。ごく簡単にいうと、

64卦のひとつ   
「水風井」の算木の形 

本格的な易では筮竹(ぜいちく)という細い竹の棒を

使って占い、その結果を算木の形で表して、

64卦のうちどれに当てはまるかを見ます。

 

昨日の新着情報でご紹介した「水風井」はこんな形。

 

 

花押易カードは、その64卦をカードにしたものです。

易の64卦がそれぞれ一枚のカードになり、

それに、時を表す7枚のカードが加わります。

 

 

64卦+7枚のそれぞれの意味を表す花押を

新たに創作していますので、一枚一枚のカードに

「水風井」の花押    

オリジナルの花押が入ります。       

 

 

ただし、花押を創るときには、算木の形ではなく

卦の意味を表す文字(水風井なら「井」)を

元にしました。

 

 

花押は文字でもなく絵でもないので、

固定観念を与えず、見る人が自由にイメージして、

そこに込められたメッセージを受け取ることが

できるという利点があります。

 

 

創作する際に開運と癒しのエネルギーが加わり、

それを風水カラーでデザインすることで、

世界初の開運の花押易カードが生まれました。

 

 

新しいカードのデザインが出来上がるたびに、

その美しさ、すばらしさに感動し、

お届けするのが待ちきれないくらいです。

 

 

応援してくださった皆様、どうぞ楽しみにお待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ