花押易カードご紹介 「水風井(すいふうせい)」

花押易カードが一枚ずつ出来上がってきています。

 

出来上がったカードを見るたびにわたし自身もワクワクするので、
これから、一枚ずつカードをシェアしていきたいと思います。

 

それぞれのカードが持つ物語をお楽しみいただけたら幸いです。

 
本日のカードは、 【48水風井(すいふうせい)】         

64枚中、48番目のカードです。

 

花押易カード 水風井


このカードの「井」は、井戸のこと。

 

井戸を日本の都会で見ることは、今はほとんどありません。

水道は、各家庭に配備されている便利なシステムです。

水道になる前は、井戸や雨水をためる甕(かめ)でした。

 

井戸は、水脈の流れと共に存在し、常に変わらず

水を湛えて、命を潤しています。

常に場所を変えることなく、存在し続け、

自分の役目を静かに果たし、命を助ける。それが、井戸です。

 

その井戸から学んで、人を助けて

自分の人格を磨く時であることを伝えています。

 


カードの中央の花押は、亜侑が
「井」の文字を元に創りました。

 

単純な井という字をどのようにして花押にしよう?
と手を動かしていたときに出てきたのが、この形。

 

真ん中にできた空間が、井戸のイメージになっています。

 


風水の加奈子さんのコンセプトは
「水風井」は水と風

通常は水の上に風がくるのが自然の原理ですが、
このカードは水の下に風がとおり、井戸を表します。

 

水はブルー、風は今回はグリーン、
風は「紐」 のモチーフと関係しているのと、
水は「なみなみ」の S で表現するので、
それにも 合わせて図形を入れました。
これがあることで井戸の狭さをイメージできるのかなと思います」

 


そして美樹さんが、この形に成るように、デザインしたものを、

ご覧いただいています。

 


このカードから祀龍さんが受け取ったメッセージは

 

【静かに、乾きを癒しなさい】

 

井戸は、誰かの所有物ではなく、地球のおくりものです。
井戸は、命の水を湛え、生き物を潤します。


このカードは、協力して、シェアーすると言う意味もあります。

まさしく、クラウドファンディングにぴったりですね!

 

 

命は、単一では生きられない。
共に存在し、分かちあう

これは、地球のルールでもあります。

 

このカードが表れたら、誰かに救いの手を差し伸べ、

共に乾きを癒す時です。その新しい視点を持つと、

見えなかったものが見えて来ます。

 

 

71枚の内の64枚は、それぞれに風景のような物語があります。

 

そして、7枚は時(timing)を知らせてくれます。

 

このカードが、お手元に届くまでに、71枚のメッセージを、

お伝えすることが、出来ますことをとても、うれしく感じています。