花押って何?

花押易カードのプロジェクトを始めてから、

花押(かおう)って何ですか?」と

聞かれることが多くなりました。

 

確かに、花押を日常的に目にしたり、

耳にすることは少ないのですが、

 

歴史は古く、大切にしたい伝統のひとつです。

 

 

花押の起源は唐にまでさかのぼるといわれています。

花押
藤原行成の花押
 

 

それが日本に伝わり、平安時代中期には藤原氏を

はじめとして公家や歌人などが使い、独自の形で発展しました。

 

 

もともとは名前を署名していましたが、署名者本人と

他者とを区別するために図案化、文様化されて、

純粋な文字とは違う特殊な形の署名が生まれたのです。

 

 

これが花押で、花のような署名ということから

花押と呼ばれるようになったといわれています。

(押という字には署名するという意味があります)

 


古い手紙を見ると、最後に花押が書かれているものが沢山あります。

 

豊臣秀吉の花押
豊臣秀吉の花押が書かれた手紙                   



花押は、歴代皇帝、貴族、天皇家、戦国武将、

官僚、僧侶、文人などにより使われてきましたが、

 

自分の花押を持つことは一種のステータスでもありました。

 

現在でも、閣議での閣僚の署名は花押で行われています。

 

 

その美しさは、その花押を持つ方の品格を映し出す鏡の

ようなもので、一つとして同じものはありません。

 


現代でも、政治家、芸能界、芸術家、企業家、個人、

寺院、仏閣、企業、店舗などが、現代風の花押を使い、

その伝統が受け継がれています。

 

 

今回は、花押易カードプロジェクトのために

易の64卦を表すオリジナルの花押を新たに創作しました

 

 

この日本のすばらしい伝統文化を活かした花押易カードを

創り、皆さまにお届けできることは本当に嬉しく、

 

応援いただいている皆さまには、心から感謝しています。

 

 

花押易カードのチャレンジは、9月14日まで続きます。

引き続き、応援よろしくお願いいたします。