クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

45日の開運チャレンジ!世界初の魂を導く・花押易カードを制作!

吉澤和子(高島祀龍)

吉澤和子(高島祀龍)

45日の開運チャレンジ!世界初の魂を導く・花押易カードを制作!
支援総額
1,409,000

目標 1,230,000円

支援者
138人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
11お気に入り登録11人がお気に入りしています

終了報告を読む


11お気に入り登録11人がお気に入りしています
2016年08月20日 10:46

花押って何?

花押易カードのプロジェクトを始めてから、

花押(かおう)って何ですか?」と

聞かれることが多くなりました。

 

確かに、花押を日常的に目にしたり、

耳にすることは少ないのですが、

 

歴史は古く、大切にしたい伝統のひとつです。

 

 

花押の起源は唐にまでさかのぼるといわれています。

花押
藤原行成の花押
 

 

それが日本に伝わり、平安時代中期には藤原氏を

はじめとして公家や歌人などが使い、独自の形で発展しました。

 

 

もともとは名前を署名していましたが、署名者本人と

他者とを区別するために図案化、文様化されて、

純粋な文字とは違う特殊な形の署名が生まれたのです。

 

 

これが花押で、花のような署名ということから

花押と呼ばれるようになったといわれています。

(押という字には署名するという意味があります)

 


古い手紙を見ると、最後に花押が書かれているものが沢山あります。

 

豊臣秀吉の花押
豊臣秀吉の花押が書かれた手紙                   



花押は、歴代皇帝、貴族、天皇家、戦国武将、

官僚、僧侶、文人などにより使われてきましたが、

 

自分の花押を持つことは一種のステータスでもありました。

 

現在でも、閣議での閣僚の署名は花押で行われています。

 

 

その美しさは、その花押を持つ方の品格を映し出す鏡の

ようなもので、一つとして同じものはありません。

 


現代でも、政治家、芸能界、芸術家、企業家、個人、

寺院、仏閣、企業、店舗などが、現代風の花押を使い、

その伝統が受け継がれています。

 

 

今回は、花押易カードプロジェクトのために

易の64卦を表すオリジナルの花押を新たに創作しました

 

 

この日本のすばらしい伝統文化を活かした花押易カードを

創り、皆さまにお届けできることは本当に嬉しく、

 

応援いただいている皆さまには、心から感謝しています。

 

 

花押易カードのチャレンジは、9月14日まで続きます。

引き続き、応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

花押易カードを使ったメール占い1回

・花押易カードを使ったメール鑑定1回(期限は1年)

支援者
48人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

10,000円(税込)

B99299bc5c8d69e9efcd338f14536c1f02de208e

花押易カード一式贈呈+メール占い 3回

・花押易カードを使ったメール鑑定 3回分(期限は1年)
・花押易カード一式(ガイド本付)
・花押易カードの選挙権はがきの送付
※一番人気の高かったカードのレプリカ(A4サイズ)を後日送付いたします。(レプリカの送付は来年春以降を予定)

支援者
74人
在庫数
26
発送予定
2017年3月

30,000円(税込)

830de9b85d827778afe1b8289c03f106d3bce81e

10,000円の内容に加えて冬至占鑑定と花押易入門講座

・花押易カードを使ったメール鑑定 3回分(期限は1年)
・花押易カード一式(ガイド本付)
・冬至占(2017年12月冬至の日のみ)鑑定
・花押易入門講座(3時間)受講参加権(2017年5月開催予定)
・花押易カードの選挙権はがきの送付
※一番人気の高かったカードのレプリカ(A4サイズ)を後日送付いたします。(レプリカの送付は来年春以降を予定)

支援者
17人
在庫数
13
発送予定
2017年3月

プロジェクトの相談をする