今日はまず、カトマンズ内にあるカトマンズモデルホルピタルを訪ね、tele-medicine(遠隔医療)について伺いました。ネパールでITで有名なMahabir Pun先生と共に、僻地での遠隔医療をやろうとしているSaroj Dhital先生と会い、先生達が今行おうとしているプロジェクトについて説明を受けました。

 

ここでは、ネパールの医療の大きな妨げは地理的に山国であることだとよく理解できました。すでに音声及びビデオ電話を利用しており、そこでASHA fusionを併用することで、患者の詳細な医療情報も共有でき、さらに良い医療を届けられるのではないかと思いました。

 

日本に戻ったら今後の取り組みについて、国内にいるメンバーと議論していきたいと感じました。

 


 

午後は日本人医師でネパールに滞在している吉岡先生とお会いしました。ここでは、実はネパールで日本人医師の診療を受けられることを始めて知りました。

 

ネパールを訪れる日本人は知らないかもしれませんが、日本大使館には日本人医師が滞在しており、健康相談はもちろん簡単な検査や処置なども受けられるのです。先生から様々な情報を頂き、今後の活動の参考にしていきたいと思いました。

 

新着情報一覧へ