どうなることかと思っていましたが、皆さまのお陰で何とか40%のところまで来ました。


まだまだ道半ばです。

最後までがんばります!

 

10/1(土)は小川町の酒蔵めぐりが開催されます。
年に2回ほど開催されます。

 

小川町には100年以上続く酒蔵が3つもあり、どこも個性があり大人気です!

3つの酒蔵を無料バスが巡回します。

 

他の地域との違いは、お米!お米!が違います。

地元で完全無農薬で栽培されたお米を使って日本酒の製造が行なわれる日本酒の銘柄が複数あります。


そして、酒蔵の前には、それぞれ色々な小川町のグルメなオツマミの出店も並びますよ~(^^♪

https://www.facebook.com/ogawasakagurameguri
情報の更新は、フェイスブックでされています。

10/1は「日本酒の日」というのをご存知でしょうか。
10月1日がその日にあたるその根拠は・・・

酒に関する漢字-酌、酔、酩、醪、醸・・・・にはツクリ「酉(とり)」が共通しています。

 

「酉」は酒壷を表す象形文字で、古代にさかのぼるにつれて下のほうがだんだんとすぼみ、その昔、酒を熟成させるために用いた酒壷の形のようにみえます。

もとは「酉」だけで酒を意味していましたが、後の液体に表す“サンズイ”がついて今の酒という字になったそうです。

 

この“酉”は、十二支の中の10番目の“酉”としても使われています。

酉の月は10月の新穀の実る月であります。
その穫り入れた新穀を使い、酒造りを一斉 に始めた月なので「酒の月」ともされました。

 

そこから 10月から翌年の9月までを酒造年度としていたようで、酒造元日である10月1日が「日本酒の日」となったのだそうです。

 

小川町で一番古い酒蔵は武蔵鶴さんで文政二年(1819年)の創業だそうです。
今2016年なので200年近い歴史の酒蔵ですね。


杜氏さんは我々も直接応援している福島さんです。
福島さんは武蔵ワイナリーとしてブドウ栽培からワイン造りも行なっています。

 

こんなグルメな小川町に遊びにくるには、この酒蔵巡りはオススメです!
ぜひ、グルメな町小川町に遊びに来てくださ~い (^^♪

 

 

 

新着情報一覧へ