READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

3期生が繋げる、介護の未来を創っていく決意の1日を。

3期生が繋げる、介護の未来を創っていく決意の1日を。

支援総額

872,000

目標金額 3,000,000円

支援者
23人
募集終了日
2019年1月31日
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

2お気に入り登録2人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

介護業界の課題解決へ向けて、

学び続けてきた集大成の場。

 

ページをご覧いただきありがとうございます。KAIGO LAB SCHOOL3期生です。

 

KAIGO LAB SCHOOL では、介護の現場の課題を解決するとともに、ビジネスパーソンとしてのスキルを高めるため、介護職に就く若手職員が経営学を学んでいます。今年のメンバーは13人。この1年間、学びを続けてきました。

 

最近はニュースでも介護についての話題を耳にすることも多いかと思います。ただ、聞こえてくるのはネガティブなニュースばかりです。しかし、まだまだ介護の現場は変えることができると、私たちは考えています。現場にいる自分たちからその変化を起こしていきたいです。

 

このKAIGO LAB SCHOOLで学んだことは、そんな介護現場における課題解決に対して、武器となり盾となります。そんなこの一年間の学びの成果を職場などの関係者だけでなく、より多くの人に知ってもらいたい、これからの取り組みの決意表明の場となるのが、修了式です。

 

しかし、KAIGO LAB SCHOOL自体が多くの方の善意によって運営を続けており、助成金なども受けていないため、この修了式や今後の運営費用が足りていません。

 

これからもこのKAIGO LAB SCHOOLの取り組みを続け、同じように学び・成長していきたいと考える次の世代へバトンを繋ぐために、ぜひ皆様のお力をお貸しいただけませんでしょうか?何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

誰もが安心して年を取れる社会を目指して。

次の世代に繋げるスクールへ

 

介護は誰しもがいずれ通る道です。私たちの成長がなければ、誰もが安心して年を取れる社会を作ることはできません。

 

2期生の卒業、そして私たち3期生の取り組み、こうした場を継続させ介護業界の課題解決をともに考えてくれる人材を増やし続けることが、この業界にとっては非常に重要なことだと感じています。

 

しかし、これまでのKAIGO LAB SCHOOLは、善意ある関係者の支援によって成り立ってきました。そして、それにも限界があります。

 

この取り組み自体を継続し、今後一緒に介護現場を盛り上げていってくれるだろう4期生、5期生へとそのバトンを繋ぐため、今回の修了式をクラウドファンディングでご支援を募り、実現したいと考えています。

 

この修了式を通して、介護業界の現状を知ってもらうことと同時に、具体的で実現可能性のある課題解決方法を提案することで、いままで応援してくださった方々へのお礼の気持ちを伝えていき、この業界全体を応援してくださるようなサポーターの方々が増えてくれればと思っています。

 

 

▼スクール参加メンバーの感想

 

 

 

 

今の頑張りが未来を変えると信じて

スクールがこれからも介護業界に貢献していく第一歩に。

 

日程:2019年2月5日(火)

場所:ホテルニューオークラ

 

KAIGO LAB SCHOOL修了式を、格式の一番高いとされるニューオークラで行うことで、イメージを高め、結果的に介護業界のイメージをも変革する第一歩としていくため、この場所に決めました。

 

KAIGO LAB SCHOOLでの1年間の学びを経て「具体的に、自分は、なにを、いつまでに、どのように実現するのか」を、3名のメンバーが発表します。

 

介護現場の課題だけでなく、介護現場から生まれる希望についても感じていただき、それがこの社会につながっていることを示す場を作ります。

 

▼ご支援金 資金使途

以下の目的に使用させていただきます。

・修了式イベント(会場費)

・Readyfor手数料

・リターン費用

※上記費用にて目標金額の300万円は使用する予定ですが、差額が出た場合には、第4期生以降のスクール運営費へと充てさせていただきます。

 

 

 

学びを伝えることで繋がる。

たくさんの方々への感謝とともに。

 

現場で働き、スクールで学んだからこそ見えてきた課題。この場ではそれらをお伝えするのと同時に、課題解決をする決意表明の場とします。

 

修了式を行うことによって、介護の現状の課題と、それに対する具体的な解決方法を卒業論文として社会に提案します。そして、少しでも多くの方に関心と希望を持っていただき、介護に対して真剣に取り組もうと思う仲間を増やしていける場にできると思います。今回のプロジェクトである修了式は、そのために欠かせないものです。

 

KAIGO LAB SCHOOLの生徒になることに推薦状を書いていただいた上司をはじめ、職場の方、友人や、介護業界を一緒に良くしたいと考えている方に、感謝とこれからの介護業界への思いをしっかりこの場を通して伝えていきたいと思います。

 

ぜひ私たちKAIGO LAB SCHOOLのメンバー、そして介護業界のサポーターになっていただけたら幸いです。介護業界とは関係のない人にも一緒に介護の未来に関心と希望を持っていただけるような第一歩としたいと思います。応援、よろしくお願いいたします。

 

 

 

もっとみる

プロフィール

介護業界で働く人に無料で経営学の教育を行う非営利組織 現状に嘆くのではなく、理想に向かって行動する人材を輩出することを目指しています!

リターン

3,000

1,【KaigoLabSchool応援サポーター】

お礼の手紙

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

5,000

2, 全力応援【KaigoLabSchoolサポーター】

①お礼の手紙
②卒論文集
③ステッカー

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

10,000

3,【KaigoLabSchoolサポーター】 会場へご招待A席

①お礼の手紙
②卒論文集
③ステッカー
④会場(A席)へご招待

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

10,000

4,【KaigoLabSchoolサポーター】 当日の様子を動画でお届け

①お礼の手紙
②卒論文集
③ステッカー
④録画した動画の送付
⑤ライブ配信のURLの送付

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

15,000

5,【KaigoLabSchoolサポーター】 会場へご招待S席ペアでご招待

①お礼の手紙
②卒論文集
③ステッカー
④会場(S席)へペアでご招待

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

30,000

6,【KaigoLabSchoolサポーター】 会場へご招待SS席ペアでご招待

①お礼の手紙
②卒論文集
③ステッカー
④会場(SS席)へペアでご招待

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

50,000

7,【KaigoLabSchoolサポーター】 当日の会場にお名前の掲示もしくは企業名の設置

①お礼の手紙
②卒論文集
③ステッカー
④当日の会場にお名前の掲示もしくは企業名の設置

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

50,000

8, 【KaigoLabSchoolサポーター】 ファイナリストが講演

①お礼の手紙
②卒論文集
③ステッカー
④ファイナリストが講演に伺います!


※ファイナリスト講演については、交通費等は別途ご負担いただく場合がございます。また、日程等の調整は追って個別にご対応させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

100,000

9.【KaigoLabSchoolサポーター】 校長酒井穣によるプライベートレッスン

①お礼の手紙
②卒論文集
③ステッカー
④校長酒井穣によるプライベートレッスン(交通費、日程は別途相談)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

300,000

10,【KaigoLabSchoolサポーター】 命名!あなたのお名前の特別賞!

①お礼の手紙
②卒論文集
③ステッカー
④会場(SS席)へご招待
⑤あなたのお名前、もしくは企業名が入った特別賞を設置
⑥当日は受賞者へ賞の授与を行って頂きます

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

プロフィール

介護業界で働く人に無料で経営学の教育を行う非営利組織 現状に嘆くのではなく、理想に向かって行動する人材を輩出することを目指しています!

あなたにおすすめのプロジェクト

国際協力サロンで開発について学び情報交換をしたい仲間を募集!

国際協力サロン(代表:田才諒哉)国際協力サロン(代表:田才諒哉)

#国際協力

累計支援者数
275人
継続会員数
116人

就労支援IPS翻訳本を出版したい!

中原さとみ中原さとみ

#医療・福祉

25%
現在
317,000円
支援者
36人
残り
77日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする