プロジェクト概要


***********************************
皆様のご支援ご協力のおかげで、公開から1週間で50万円の目標額を達成することができました。本当にありがとうございます。 心よりお礼申し上げます。

 

私はシイタケハウスの複数棟経営を目指していいます、それに伴い従業員雇用も視野に置いております。シイタケハウス運営は半年間で約200万円程度運営資金が必要になります。

 

そこで、ネクストゴールとして、必要となる資金の一部を引き続き残り32日間でご支援いただきたい。また、私のシイタケハウス運営に興味がある方の応募も合わせて行いたいと思います。

 

ネクストゴールでは、さらに多くの方々からご支援を頂けるように皆様のお友達にもご紹介していただけると幸いです。一人でも多くの皆様からのさらなる応援をお待ちしております。
(2016年09月26日追記)
***********************************
 

省スペースで栽培可能な菌床シイタケハウスで、
生産者の生活をサポートしたい!

 

はじめまして。齋藤一郎と申します。私は、2年前まで勤続22年酪農協職員として働いてきました。しかし、その間に東日本大震災が発生し、酪農家の支援から被災した実家の修繕、子供たちのサポートで、私自身過労で倒れてしまいました。

 

被災者という立場になって強く思ったことは、職場が被災したり働く環境が変わったりしても、収入を得られる方法や手段があれば、生活のリスクを回避できるのではないかということです。さらに、自宅近くできる農業であれば尚いいと思い今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

宮城県産菌床シイタケハウスを普及するための試験データが必要となります。そのための費用50万円が不足しております。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します!

 

菌床シイタケハウス栽培の様子

 

復興支援事業!震災後に気づかされた、安定のシイタケ栽培。

 

震災後、私は宮城県内でシイタケ栽培を指導しながら安定生産できる起業家・事業者を増やし、家庭内所得を増やすことで復興支援のお手伝いをしたいと考えるようになりました。シイタケ栽培は重労働ではなく、家族のだれでもでき、コメ作りのように広大な面積を持つ必要もありません。

 

2年前に長野県に行った際、シイタケハウス栽培の可能性を感じ、早速昨年7月に宮城県より経営革新事業の認定を得ることもできました。しかし、現実は厳しく、どこからの融資もないまま今に至ります。そのため、仕方なく今年1月に1カ月菌床(椎茸の苗)を購入し試験栽培をしているのが現状です。試験栽培自体は初日・3日目・5日目と菌床が大きく成長して、8日目には順調に収穫できています。

 

 

シイタケ栽培をするための試験データが足りていません!

 

今回のプロジェクトで皆さまに応援して頂きたいことは『宮城県産菌床シイタケハウスを普及するための試験データ取得』です。従来、農業を始めるにも自己資金が必要となりますが、作物の栽培・販売実績がないため、最低限必須となる栽培試験1年間分のデータがない状態です。

 

多くのシイタケハウスをサポートいていくためにも1年間のトラブルと検証の積み重ねが重要になってきます。今回のプロジェクトは、その最初の菌床シイタケの試験データを作成するためのものになります。そして、今年中にシイタケハウスを2棟、来年は5~10棟位を目標に栽培していき、また全国向けのネット販売も考えています。

 

昨年、シイタケの試験栽培を行った時の様子

 

シイタケハウスを実用化させ、被災地域の生活の安定とゆとりをあたえる。

 

今回の試験データは、以下の4点になります。

 

①生育、②生産量、③原料コスト、販売価格の確認

 

1回目は菌床が試算通りに生産量が出るかを確認し、シイタケの需要の高い12月から1月の鍋シーズンに向けて全量市場へ売り、その時の販売実績などを元にネットによる予約注文を2月頃から数量限定方式でしていこうと考えております。

 

さらに次のステップとして販売枠が見えるようになった頃には、シイタケハウス販売と生産指導を視野に入れ、シイタケハウス普及のための啓蒙を行っていきます。具体的には、1カ月程度自社シイタケハウスで生産&パック詰めなどの研修を受けて頂く予定です。

 

シイタケハウスの様子

 

被災者を応援する事業をつくることが理念です。
皆さま、ご支援よろしくお願いします!

 

シイタケハウスは日陰な土地でも問題なく栽培できるため、震災以降被災して使えなくなった土地(空き地)・畑なども再活用することが可能であり、被災地域で仕事をなくしてしまった方にも働く場所を提供することができます。このように、栽培と販売の試験データは被災した一家族に再チャレンジの機会をつくるためのものとして利用します。

 

10年かけて100棟のハウスを目標に、シイタケラーメン、シイタケドレッシング、観光農園…、さらに菌床シイタケの廃棄する土を活用した野菜生産と長期的な事業の第一歩として、今回の試験データがあります。そのためにはプロジェクト費用として50万が必要です。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します!

 

齋藤一郎

 

リターンに関して

 

■3000円

①サンクスメール

②試験栽培記念写真入りプロジェクト報告(PDFメール)

 

■10,000円:仙臺しいたけ開発品&宮城県ふるさと応援セットをお届けします。

① サンクスメール

② 試験栽培記念写真入りプロジェクト報告(PDFメールにて)

③ READYFOR特別セット『仙臺しいたけ』10個入り

④ 仙臺しいたけを更に美味しくするお肉もお届け『すき焼きセット』

 

■10,000円:応援コース!!

① サンクスメール

② 試験栽培記念写真入りプロジェクト報告(PDFメール)

 

■30,000円:仙臺しいたけ開発品&宮城県ふるさと応援セットをお届けします。

① サンクスメール

② 試験栽培記念写真入りプロジェクト報告(PDFメールにて)

③ READYFOR特別セット『仙臺しいたけ』10個入り

④ 仙臺しいたけを更に美味しくするお肉もお届け『すき焼きセット』(極上仙台牛1万円相当をお送りします)

 


最新の新着情報