2日目も、避難所となっている厚真町立上厚真小学校で、NPO法人ピースプロジェクトとともに炊き出しを行いました。お昼はご飯と鮭フレーク、胡麻昆布、梅干し、海苔を50食。鮭フレークは、相馬市在住の有志の方からご提供をいただいたものです。

 

 

 


夜は豚丼です。炊き出しをしていることが口コミで広まったり、ここまで取りに来られない方には他の住民の方が配達してくださったり、また別の避難所で食料が足りていないと声がかかるなどして、併せて120食分を提供しました。今回も地元の方が新鮮な野菜をお持ちくださり、調理して一緒にお出しすることができました。

 

 


北海道地震で亡くなられた方は、今日現在で35人と発表され、厚真町ではいまだ安否のわからない方がいらっしゃいます。疲労や悲しみ、不安の中にいらっしゃる方々が、温かい食事で少しでも力をつけてくださることを願います。

 

 

AAR Japanは引き続き、皆様からのご支援を募っております。

どうぞ、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

新着情報一覧へ