プロジェクト概要

アフリカのウガンダ共和国に、救急車を送ることで、たくさんの人たちを救いたい。

 

こんにちは!国際救援支援NGO AAAアジア&アフリカの山﨑毅史(やまざきたけし)と申します。私たちが支援しているアフリカのウガンダ共和国では日本と比較にならない程、医師・病院・医療施設や機材が不足しており、多くの人達(特に幼い子ども達)の命が失われています。そうした現状を少しでも改善するために、過去に3台の救急車をウガンダ共和国に送り、医療支援をしてきましたが、その車両はすでに老朽化し、運用できない状態になってしまいました。そこで今回、日本から救急車を、現地に送ろうとしているのですが、肝心の救急車を送る費用がまだ足りません。

 

苦しむ多くの人達を救うためにウガンダ共和国に1日も早く救急車を送るためにも、みなさまの力をお貸しいただけないでしょうか?

 

(救急車があれば助けられる命がアフリカにはあります。)

 

 

貧しいけれど、心は豊か!ウガンダの心優しい子どもたち


ウガンダ共和国はアフリカ東部に位置し、人口約3,500万人程の内陸国で、肥沃な大地と豊富な降雨によりコーヒーやバナナ等の小規模農家を営み、多くの人が農家をしながら村での生活をしています。

 

貧困層の子ども達は何か物をあげると奪い合うイメージがあるかもしれません。しかしウガンダの村の子ども達は飴を1つあげるとまわりの子達と一舐めづつ順番に回し合います。衛生的に良くないことは分かりつつ、頂き物を分かち合う心の豊かさに、何か力になってあげたい気持ちが私達の心を動かしました。

 

(優しい子どもたちが亡くなっている現状をどうにかしたい想いがこみ上げてきます)

 

 

人も、設備も、薬も、圧倒的に不足してるウガンダの医療事情

 

ウガンダで暮らすほとんどの子ども達は、裸足や壊れたサンダルを直しながら歩き、ボロボロの服を着て生活しています。農業での僅かな現金収入では、蚊に刺されてマラリアに罹るのを知っていながら蚊帳を買うお金もなく、当たり前のようにマラリアに罹り、小さな子どもは命を落とすこともあります。

 

アフリカでは日本と比較にならない程、病院・医療施設・医療機材が不足していることも、多くの人達(特に幼い子ども達)の命が失われている一因です。ウガンダでの死因の多くはエイズ、マラリア、肺炎、下痢症等の感染症で、医師数はウガンダ全土で歯科医も合わせ3,000人余りしか居らず、ほぼ首都のカンパラに集中しています。つまり都市から離れた村に住む人々は常に命の危険と隣り合わせの生活を強いられています。

 

(治療薬不足から、ただベッドに横たわり回復を待つヘルスセンターでの様子

 [ ウガンダ共和国カルング県・カルングヘルスセンター ] )

 

病気になった時、ほとんどの村は無医村で、あっとしても医師の居ない民間療法的な診療所で診てもらうか、医師のいる診療所まで約30kmぐらいの道のりを、村人は車を持てる人はほとんどいないので徒歩や自転車で行かなければなりません。

 

診察を受けたとしても医薬品の不足によりただ病状回復を待つだけという人々が大勢いるのがウガンダ共和国の現状です。しかし、救急車があれば今まさに命を落とそうとしている人を病院に搬送したり、病原菌に感染し、命を落とそうとしている村に住む子どもたちのもとへ医師が訪れることも可能になり、多くの命を救うことができるようになります。

(医療巡回にて青空診察で赤ちゃんの体重を量る現地ドクター)

 

 

今、ウガンダにあるのは老朽化したもう使えない救急車。より多くの人々の健康を守るため新しい救急車を送りたい!

 

ウガンダの医療が不足している問題を解決しようと、私たちは過去に3台の救急車をウガンダ共和国に送り、患者の搬送、村への医療巡回を実施してきました、しかし現在その車両はすでに老朽化し、運用ができない状態になってしまいました。

 

そのため、毎年視察団や植林隊でウガンダの官公庁やヘルスセンターを訪問する度に、現地の方から救急車を送って欲しいとの強い要望を受けていました。そして今年3月に、念願の救急車を埼玉県北足立郡伊奈町から埼玉県国際交流協会の中古資機材提供事業を通じて、寄贈していただく事ができました。

 

(こちらが寄贈していただいた救急車です)

 

また、現地へ救急車を送るにあたり、消防署の職員さん達が念入りに心を込めて機材の点検・整備を行い、救急車が少しでも長く現地で活躍できるように、機材の不足している現地に少しでも役立つ物を提供できるように、まだ使える担架や余っている医療機材を一緒に提供してくださいました。

 

(消防署の方々に整備していただいたので非常に綺麗な状態で送ることができます!)

 

 

寄贈いただいた救急車をウガンダに送る費用が不足しています。

 

今回送る救急車は、私達がウガンダ共和国での活動拠点にしている首都カンパラから西に約100kmのカルング県に送る予定です。しかし、肝心の救急車を送る費用がまだありません。

 

しかし、救急車を送るには、車両の備品等が盗まれないようにコンテナに積み込んで送ります。コンテナの積込み費用・船賃・引き取りの税金・諸手続き等を合わせると約150万円ほど必要になってきます。費用が集まらなければ、せっかく寄贈していただいた救急車を送ることができません。ぜひ、多くのみなさまにウガンダ共和国の現状を知っていただき、お力をお貸しいただけたら幸いです。

 

(病気に苦しむ人々を救うために、どうかご協力のほどよろしくお願いいたします!)

 

 

ちなみに私達は下記キャンペーンもしております。

チャリティーキャンペーン『救急車に乗って募金しよう!』

 

子ども達の大好きな救急車がAAA本部に置いてあります。
1回/¥100円で救急車乗車体験ができます。

乗車体験をしてアフリカに送る費用の募金を支援できます。
随時開催していますので、お近くの方は是非お立ち寄りください。

住所:埼玉県さいたま市桜区栄和1−12−18
最寄駅:JR埼京線「南与野」駅から歩いて15分
   :JR武蔵野線「西浦和」駅から歩いて30分

 

(プロジェクトが成立するまでおこなっていますのでお気軽にお立ち寄りください!)

 

 

引換券について

 

◎現地から感謝状はがきの送付

◎ウガンダ産コーヒー50g、又は紅茶Tーpac50(1つを選択)

(写真はイメージです。パッケージ等は変わることがあります。)

 

◎ウガンダ産コーヒー250g、又は紅茶Tーpac100(1つを選択)

(写真はイメージです。パッケージ等は変わることがあります。)

 

◎ウガンダ産コーヒー50g、又は紅茶Tーpac50、ウガンダ製フォトスタンド・小(柄は選べません、贈呈式の写真入り)

(写真はイメージです。パッケージ等は変わることがあります。)

 

◎ウガンダ産コーヒー250g、又は紅茶Tーpac100、ウガンダ製フォトスタンド・大(柄は選べません、贈呈式の写真入り)

(写真はイメージです。パッケージ等は変わることがあります。)

 

◎ウガンダ産コーヒー250g、又は紅茶Tーpac100、ウガンダ製フォトスタンド・大(柄は選べません、贈呈式の写真入り)、ウガンダ産木彫り(小)ゴリラ、ライオン、ゾウ、キリン、サイ、カバから1つ選択。

(写真はイメージです。パッケージ等は変わることがあります。)

 

◎救急車外装に贈呈者として記名 ※希望者のみ

 

◎ウガンダにて、救急車の現地贈呈式に主賓としてご招待致します。 ※希望者のみ

(現地までの交通費、宿泊費は含まれません。)


◎現地でのサファリツアー体験無料 ※希望者のみ
(AAAアジア&アフリカが企画する現地派遣団に参加した場合に、2名様×1回、5年間有効)

 


最新の新着情報