プロジェクト終了報告

2019年09月06日

「青森・りんご園再生プロジェクト」終了

りんご園再生プロジェクトがスタートしたのは令和が始まって

まもなくのことでした。

あっという間に3か月がたち、おかげさまで、当初の目標であった

りんごコンテナ購入のための資金40万円を達成することができました。

第二目標として60万円を目指し、最終504000円を達成できましたことは

多くの皆様にご支援をいただいた賜物と感謝しております。

 

最初、告知方法などおぼつかない点など多々ございましたが

ここまでご支援をいただけたことに深く感謝いたします。

サポートしてくださったご担当者、新聞社の方々本当にありがとうございます。

 

りんご栽培は1年を通して作業があり、現在は早生種の収穫にはいったところです。

人手不足や経験不足もあり、ベテラン農家が栽培するような立派なりんごが

すぐにはできませんが、後継者がないため荒廃したり、何十年も栽培した

りんごの木が伐採されることをくいとめることができました。

病気の木や老木もたくさんあるので、今後は改植もすすめながら

陸奥湾を望む高台にあるりんご園を後世に残していきたいと思います。

 

皆様からご支援いただいた資金は収穫したりんごを収納、選果する際に必要な

コンテナ購入のために使わせたいただきます。

弊社ロゴの「CARNET」を刻印し、大事に使用してまいります。

りんご資材の会社にすでに発注しており、りんご収穫体験までには

納品される予定となっております。

 

プロジェクトを県内の皆様に告知し、ご支援いただく機会として

6月14日にりんごの実すぐり体験を開きました。

今後は9月26日にりんごの収穫体験を予定しております。

 

りんごの収穫作業は12月初旬まであり、その後も剪定作業など

休む間もなく、来年のりんごを実らせるための作業が続きます。

 

極早生種のりんご収穫が8月下旬から始まり、今週はつがる、きおう、

シナノレッド、未希ライフを収穫しております。

収穫したりんごは順次、加工場に委託しジュースを搾汁します。

また、りんごの選果作業ののち、返礼品の準備を進めてまいります。

天候に左右されるため、思うように進まないことも多々ありますが

収穫作業を含め、草刈りや、薬掛けなど日々の作業を粛々と進めてまいります。

 

返礼品につきましては、適時進めてまいりますので今しばらくお待ちくださいませ。

 

今後は一大ブランドになるようなりんごつくりを目指すとともに

農作業の効率化や付加価値のある加工品づくりなど六次化産業にむけた

取り組みも進めてまいりたいと思います。

 

末永くご支援をたまわりますよう、今後ともよろしくお願いいたします。

 

新着情報も発信してまいりますのでご覧くださいませ。

 

何かございましたらお気軽にご連絡ください。

CARNET 代表 成田 博輝

        山端 真弓