プロジェクト概要

気軽に茶道を体験できる茶会を開催し、日本を代表する伝統文化『茶道』を世界に広めたい!

 

初めまして。茶団法人アバンギャルド茶会の近藤俊太郎です。普段はITベンチャーで働く傍ら、週末に「茶人」として全国各地で茶会を開催しながら茶道という日本文化を多くな方に体験してもらう活動をしています。2009年から同世代の若者に「茶道」を知ってもらう場として「アバンギャルド茶会」と銘打って、さまざまなところで茶会やイベントを開催しています。

 

また、世田谷の茶室で月1回「はじめての茶道教室」と銘打って『少人数制』の茶道教室を開催しています。「正座不要」「着物不要」「手ぶらでOK」とこれまで茶道に興味はあったけど、はじめの一歩を踏み込めなかった方でも気軽に参加できるような初心者向けの体験型茶会です。みなさん、はじめは緊張されていますが同世代の方たちということですぐに打ち解けて毎回ワイワイと楽しい茶会になります。茶会自体はお茶を飲むだけでなく、お茶をシャカシャカする体験していただき抹茶を飲むことが特別なことではない実感してもらいます。

 

しかし、全国とシンガポールにもお茶会を開催するための渡航費、運搬費がまだ足りません。皆様のご協力いただけませんか。

 

(気軽に茶道を体験できるイベントを開催しております。)

 

■茶道を通じた日本文化&地域産業を世界に発信するために!


アバンギャルド茶会の活動を始めてから多くのプロジェクトを通じて2,500名以上(2014年4月現在)の方々に参加していただき、茶道にとどまらず、日本文化との体験接点の場をプロデュースしてきました。2012年からはニューヨーク、上海、台湾、シンガポールなど海外でも活動をしています。

 

今後は、首都圏にとどまらず日本全国そして海外で茶道を通じた日本文化の発信をより積極的にしたいと思っています。

 

また、茶道を行う上で欠かせない陶芸・漆芸などの茶道具や日本全国の伝統工芸品。和菓子・抹茶など地域産品。これまでに笠間(茨城)、益子(栃木)、信楽(滋賀)、備前(岡山)など各産地の作り手や組合と協業して産地活性化プロジェクトも行ってきました。

 

備前焼大茶会

(2014年5月「備前焼大茶会」アクリル茶室にて)

 

多くの支援を頂きながら活動をしてきましたが、ビジネスではなくライフワークとして活動しているため私の可能な範囲の資金で運営しています。しかしながら、少しずつ活動が認知され全国、海外からもオファーを頂くようになりましたが費用が障害となり参加に制約が発生してきています。

 

今後も茶道を通じで「茶会」というコンテンツと「茶道具」というプロダクトを日本全国に発信する活動を行うためには、必要な活動費(主に交通費 これまでは年1~2回)と2015年1月に「シンガポール」で予定している大規模な現代茶道具展(若手アーティストの制作した作品展)と茶会のに伴う費用を今回のクラウドファンディングプロジェクトで支援していただきたいと思っています。

 

【必要資金】

・全国茶会開催に伴う交通費 4回×2.5万円=10万円

・シンガポール展示/茶会

 ‐交通費 15万円

 -運搬費  5万円

 

ニューヨーク茶会

(ニューヨークで開催した現代茶道具展)

 

2020年には「東京オリンピック」も開催されます。海外の方が日本に対して興味を持つ機会も増え、日本を訪れる方も確実に増えます。それまでに少しでも茶道を通じて日本ブランドを作っていきたいと思います。

 

■なんで「茶道」なの?

茶道は日本の文化を代表する総合芸術です。


30代男性が茶道をしているのでよく「なんで茶道をはじめたんですか?」と聞かれます。
小さいころアメリカで育ち、仕事で海外の方と触れる機会が多いため「日本ってどんなところ?」と頻繁に聞かれました。彼らは自国のことについて堂々と話しをしてくれるのに自分は日本のことを何も知らず、とても恥ずかしい思いをしました。

 

お茶を飲むことが好きだったことが高じて、20代前半に思い切って「茶道」を習いはじめました。気軽な気持ちで始めたのですが、習っていくうちに「茶道=総合芸術」と称されるようにお茶を喫するだけではなく「陶芸」「書」「建築(茶室)」「お花」をはじめとする文化的側面と「懐石料理」や「和菓子」など食文化にも精通しており茶道の奥深さに魅了されていきました。

 

(茶道に魅了されました。)

 

■アバンギャルド茶会の起源

茶道を通して日本の伝統文化を多くの方々に伝えたい!


茶道を習いはじめて数年。2009年に外務省の派遣で「日中友好文化使節団」の一員として中国で茶道のデモンストレーションをする機会を頂きました。同じチームには茶道だけではなく、華道、現代アートやアイドルなど日本で様々な文化活動をしている同世代の若者と一緒になりました。

 

毎晩、お茶を振舞いながら話しをしていると多くの人が茶道に興味を持っているが、茶道と接する場を見つけられずにいることを知りました。そして、誰もがお茶一服を喫すると思わず「ホッ」と心が安らいでいるのを感じました。それならばと帰国後、誰でも気軽に参加できる「茶道イベント」を定期的に開催しました。はじめは友人を中心にスタートしましたがクチコミで広まり、茶道に興味を持っている若者が次々と参加するようになりました。そのとき、格式張らないけれども本質を求めている若者が想像以上に多いことを知りました。

 

(三鷹ネットワーク大学にて京都大学 磯部先生とトークライブ)

 

また、ただお茶を点てるだけではなく異業種の方々とコラボレーションすることで表現の幅が広がり興味を持ってくれる人が増えることに気が付き、宇宙の専門家や陶芸家・アーティストなどと協業するプロジェクトを企画してきました。様々な側面を提供しながら、日本を代表する「茶道」という伝統文化を私なりの表現方法で一人でも多くの方に伝えていきたいと思い、アバンギャルド茶会を発足させました。

 

■活動実績


宇宙×茶道具「宇宙十職」プロジェクト


京都大学 宇宙総合学研究ユニットで宇宙物理学を研究されている磯部洋明先生と宇宙と茶道を伝えるプロジェクト(京都大学などでシンポジウム、茶会を開催)

 

宇宙十職

(西武渋谷店にて「宇宙十職」企画展)

 

移動茶室「丿庵(へちあん)」プロジェクト


軽自動車に本格的な茶室を造り、全国どこでも茶会を開催できる移動茶室プロジェクト

 

移動茶室 丿庵

 

共同窯「丿貫(へちかん)」プロジェクト


東日本大震災をきっかけに茨城県笠間市の陶芸家たちと共同で窯焚きをする伝統的窯業地のものづくりを支援するプロジェクト

 

丿貫プロジェクト

 

経済産業省「クールジャパンの芽」プロデューサー育成プロジェクト


日本の文化を世界に発信する「クールジャパン」プロジェクトの一環として日本の伝統的窯業地で活躍する若手陶芸家と共同で茶道具を製作し、ニューヨークで茶会を開催。

 

世田谷区「健やか」プロジェクト


保育園や小学校などに茶道を通じて心と身体の健康を伝える食育プログラム

 

■引換券について

 

支援者全員をアバンギャルド茶会のホームページに「応援団」としてお名前または企業名を記載させていただきます。

 

●¥3,000
・御礼状
・アバンギャルド茶会 オリジナルグッズ(ステッカー/缶バッジ)

アバ茶グッズ

 

●¥10,000
・御礼状
・アバンギャルド茶会 オリジナルグッズ(ステッカー/缶バッジ)
・アバンギャルド茶会 はじめての茶碗 (ご飯茶碗サイズ)

※アバンギャルド茶会が主催している共同窯「丿貫プロジェクト」で制作した、若手陶芸家のご飯茶碗。

ひとつずつ手作りのため少しずつ風合いに違いがございます

 

●¥50,000
・御礼状
・アバンギャルド茶会 オリジナルグッズ(ステッカー/缶バッジ)
・アバ茶好み抹茶碗 1個プレゼント

※アバンギャルド茶会が支援している陶芸家の抹茶碗を進呈いたします

 

●¥300,000

・プライベート出張茶会(1回/20名まで)開催
※移動茶室「丿庵」での開催も可
※都内から1泊2日で開催できる場所
※遠隔地や離島などの場合は別途交通費に関して相談させて頂きます

 

●¥500,000
・年間スポンサード
 ‐茶会での商品利用
 ‐移動茶室「丿庵」 企業ロゴ掲載
 ‐移動茶室「丿庵」 資料設置(1種)
※茶道に関するアイテムを製造または販売している企業・団体限定

 

一過性のブームに終わらせず、継続的に茶道を中心とした日本文化と地域産業を活性化させられる活動をしていきます。そして、最終的には日本にとどまらず世界に広く発信していける基盤になればと考えています。応援のほど、よろしくお願いいたします。


最新の新着情報