プロジェクト概要

--------------------------

「夢の図書館」へご支援をいただいた皆様、本当にありがとうございました!

皆様のおかげで、第一目標金額の200万円を達成することができました。

 

「夢の図書館」プロジェクトは一般的なクラウドファンデンングと比べて難しいテーマにも関わらず多くのご支援をいただきましたことに感謝いたします。いただいた応援コメントにも勇気をいただきました。

 

技術雑誌に理解がある方々からのご賛同をいただき、募集期間の半分で目標を達成できましたが、ご支援の多くが「特製本棚」の製作費用支援に集中しており、蔵書データベースの開発費用へのご支援が予定の100万円に届いていません。

 

そこで、蔵書データベースの開発費用と次の計画である「マイコン博物館」開設への準備費用に充当するためにご支援金額を100万円増額して総額300万円を新たな目標として、引き続き募集をさせていただきます。「マイコン博物館」展示用として70年代から80年代前半までのマイコン黎明期に登場した国内外の貴重なマイコンが既に集まっています。マイコン登場以前の貴重な資料として機械式計算機なども収蔵しています。

 

これらの貴重な歴史遺産を守り次の世代へ伝えるためにも新たなご支援をお願いいたします。今までご支援をいただいた方も含めて、どうかもう一度お力を貸していただきますようお願いいたします。
--------------------------

 

 

100年分8千冊の貴重な技術雑誌を
広く公開して次の世代に伝えたい。

 

明治大正時代から現代まで続く貴重な技術雑誌が一同に集まるのは正に奇跡。
失われた戦前・戦中・戦後の日本の技術雑誌を含め現代までの技術雑誌を保存して次の世代へ広く伝えたい。

 

こんにちは、100年分8千冊の貴重な技術雑誌を次の世代に伝える「夢の図書館」プロジェクトを進めている吉崎 武と申します。私は子供の頃から技術雑誌が大好きでした。学研の科学、子供の科学、模型とラジオ、ラジオの製作などの技術雑誌を読みふけっていました。

 

現在は小さな読書室として開放している「夢の図書館」には、技術雑誌好きの私が人生をかけて集めた100年分8千冊の貴重な技術雑誌があります。普段見ることが無い明治・大正時代や昭和初期の珍しい技術雑誌、戦中、戦後の貴重な技術雑誌から最近の技術系雑誌まで収蔵しています。30年前の雑誌には青春時代の熱い思いが詰まっています。70年前の雑誌からは戦争の現実が迫ってきます。100年前の雑誌からは文明化を急ぐ日本の姿が見えます。

 

そんな貴重な雑誌を大きなスペースで

皆さんに楽しんでいただくために「夢の図書館」を作ります!

どうかお力を貸していただけないでしょうか?

 


 

 

当時の空気感を凝縮したタイムカプセル。

それが雑誌です。

 

子供の頃から技術雑誌が大好きだった私は、70年代のマイコンブームのときには趣味が高じて月刊アスキーの編集長として雑誌の作り手になっていました。雑誌作りはとても大変な仕事でしたが、手間を掛けて編集した雑誌を読者に届けても1ヶ月経つと古くなり忘れられてしまいます。しかし、造り込まれた1冊の雑誌はその時代の空気感までを凝縮したタイムカプセルです。

 

「夢の図書館」では、子供時代にわくわくしながら読んだ夢に見るほど懐かしい雑誌に再会したり、歴史でしか知らない時代の雑誌を読んで「時間旅行」を行うことが出来ます。そんな「夢の図書館」の由来は世界遺産にある「夢のような図書館」ではなく、「夢にまで見た懐かしい雑誌に再会できる図書館」という想いを込めてつけました。

 

一般的な公立図書館では雑誌を展示しても保管スペースの関係で一定期間が経過すると破棄されてしまいます。国会図書館でも献本制度が始まったのは昭和28年(1948年)からなので、戦前戦中の雑誌や明治大正時代の雑誌などは網羅していません。

 

そこで技術系の雑誌を専門とするユニークな私設図書館を広く公開して、多くの方に利用いただけるようにするのが本プロジェクトの目的です。「夢の図書館」にて収蔵している雑誌のジャンルは、科学・技術、ラジオ・無線、エレクトロニクス、コンピュータ、模型・工作、船舶、鉄道、航空、漫画・アニメ、SF・映画、教育・学習、ライフスタイル、軍事関連などです。

 

 

元書店のスペースが100年分の技術雑誌の図書館になります!

 

現状では「夢の図書館」は、東京のパワースポットである高尾山の隣にある丘の頂上で、小規模な読書室としてプレオープンしています。東日本大震災でもほとんど揺れなかった強固な岩盤と、海抜200m以上の高台という極めて安全性が高い場所で貴重な雑誌を次の世代の伝える役目を担っています。

 

「夢の図書館」の建物は閉店した元書店で、今は元書店の広いフロアーに蔵書を入れたコンテナを積み上げています。しかし、書庫に貴重な蔵書を山積しているだけでは本来の図書館ではありません。誰もが利用できるように適切に整理して、検索システムに入力して懐かしい記事や興味がある記事に誰もがめぐり合うことができるようにする必要があります。

 

また、本棚が充実すれば元書店の広いフロアーを将来的に図書室として利用者へ提供することもできますので、是非ご支援をお願いいたします。

 

(「夢の図書館」を設営中の元書店の建物です。)

 

(「夢の図書館」用に広い場所が確保できたのは幸運でした。)

 

(8千冊の雑誌は大変な物量です。しかも超貴重品です。

      古い雑誌が傷まないように常時除湿機を動作させています。)

 

(現状では1階の元書店の店舗は蔵書で山積状態なので

      この建物の2階に小さな読書室を確保しています。

      小さな読書室で「夢の図書館」をプレオープンする予定です。)

 

(このイメージは将来計画の設計図です。

      今回のご支援のお願いはデータベース開発と本棚の購入です。

      目標以上のご支援が集まった場合は内装費用に充当します。)

 

 

インターネットでもアクセスできる

「夢の図書館」を作ります

 

全国の利用者が「夢の図書館」の雑誌記事コピーサービスや蔵書の貸出サービスをインターネットで利用できるようにするために、蔵書の書名だけでなく記事単位で検索出来るシステムや、記事選びの参考となる読者による記事評価システムなどを提供したいと考えております。

 

しかし、これらのシステム開発費用の一部である100万円と、蔵書を整理して収納するための本棚製作費用の一部の100万円が不足しております。

 

ご支援をいただいた方は、これらのサービスを受けることができる「夢の図書館パートナーカード(会員証)」と「夢の図書館 1日利用券」もしくは宅配便による「書籍貸出券」をリターンとして購入いただけます。

これらのリターンにより遠隔地からご支援をいただいた方も実際に「夢の図書館」を利用していただくことができます。また、ご来館いただいて利用いただくこともできます。

 

(「夢の図書館 パートナーカード(会員証)」と

      「夢の図書館 1日利用券」)

 

【写真説明】「夢の図書館」WEBサイトの試作WEBページです。

      インターネット経由で遠隔地からも利用出来るようにします。

      100年分8千冊の蔵書の中から読みたい情報を見つけることが

      出来るように色々な工夫を行っています。

      キーワード検索だけでなく一覧表の中から見て選ぶ機能も予定

      しています。(近日公開予定)

 

 

「雑誌による時間旅行」

みなさんも体験してみませんか?

 

普段目にすることが無い40年前、80年前の雑誌を開くと発行当時の圧倒的な現実感が迫ってきます。雑誌はその時代の空気感までを凝縮したタイムカプセルだということを強く感じます。当時の一次情報に接すると歴史として伝えられている内容と異なる部分が多々あることにも気が付きます。

 

私はこの圧倒的な現実感を「時間旅行」と読んでいます。歴史でしか知らない時代でも現実感をもって体験できる「雑誌による時間旅行」をみなさんも是非体験してください。どれだけの現実感があるかは、これからの新着情報で具体例として提供していきたいと思います。

 

100年分8千冊の貴重な技術雑誌がまとまって収蔵されていることだけでも奇跡に近い状況です。これらの資産を活用して未来世代へつなぐためにご支援よろしくお願いいたします。

 

ここで例として大正13年(1924年)から現在まで91年間に渡り発行が続いている「子供の科学」題材にして「雑誌による時間旅行」を体験してみましょう。

 

 

大正13年から昭和5年頃までの「子供の科学」です。子供と言っても内容のレベルはとても高く、現在の大学生が読んでも半分も理解できない高度な内容です。表紙に「月と横笛の少年」があるのは貴重な「子供の科学」創刊号(大正13年10月発行)です。

創刊号ではラジオ放送開始前に身の回りの材料を使って無線送信機と受信機を自作する記事が掲載されています。その探究心に驚くばかりです。

 

 

昭和5年から10年頃の「子供の科学」です。明るい未来文明と自然科学を学ぶ内容です。専門家が先端技術を解説するパターンは現在と同じです。ほとんど折り目がついていない新品のような号を見るとこの本を読んだ当時の子供達が宝物のように大切に扱っていたことが解ります。

 

 

昭和10年から15年頃の「子供の科学」です。満州事変から日中戦争へと戦争への道を突き進んだ日本の姿があります。技術将校による本格的な兵器の解説記事が増えています。軍事機密と思われる詳細な解説記事までが掲載されているのに驚きます。終戦時に破棄されたであろう軍事技術情報がここに残っています。

 

 

昭和15年から17年までの「子供の科学」です。真珠湾攻撃から太平洋戦争がはじまりました。緒戦での勝利を詳しく記事で紹介しています。少年達も勤労奉仕で兵器の生産に協力する時代になりました。連合国の最新兵器の解説記事もあり敵軍の情報が広く流通していたことが解ります。

 

 

昭和18年から19年までの「子供の科学」です。連合国の反撃が厳しくなってきた記事が増えています。米軍のレーダーなどの鹵獲兵器を専門家が詳しく説明していて諸君もこのような高度な兵器を作れるようになれと激を飛ばしています。表紙には「がんばれ敵も必死だ」「航空決戦に勝抜かん」「一億玉砕の決意で撃滅せよ敵米英」という文が並んでいます。

 

 

昭和21年の終戦直後の物資が無い中でも誠文堂新光社は「子供の科学」の発行を続けました。子供達に科学による明るい未来を見せたいという熱い思いが伝わります。極度の紙不足時代だったので1冊30ページ程度で印刷も劣悪ですが当時の子供達にとっては貴重な情報源だったと思います。

 

 

昭和25年から昭和40年頃までの「子供の科学」です。戦後の混乱期を乗り越えて日本が高度成長期に入った頃です。毎月掲載される工作記事が子供達に大人気となりました。その月の工作模型が表紙を飾っていた時代です。この頃の「子供の科学」を読んだ事がある方もいらっしゃると思います。

 

91年間発行が続いている「子供の科学」を例に「雑誌による時間旅行」を体験してみました。雑誌の記事は貴重な一次情報です。発行された時代を圧倒的な現実感で伝えてくれます。

 

「夢の図書館」には100年分8千冊の貴重な技術雑誌があります。

この貴重な歴史資産を広く伝えて次の世代に引き継ぐために皆様のお力を貸していただきますようお願いいたします。

 

 

<支援金の使途>

 

皆様にご支援いただく200万円は「夢の図書館」サービスを全国の利用者へ広げる費用に充てさせていただきます。

 

「記事検索システムの構築費用」の一部として:100万円

「本棚製作費用」の一部として:100万円

 

◎記事検索システムの構築費用
蔵書の大部分を占める雑誌の記事1本1本を検索表示できるようにするデータベースシステムの開発費用の一部に充てます。目的の記事が見つけ出しやすい工夫を行う予定です。記事検索だけでなく、利用者の書評や記事評も蓄積して利便性を高めます。

 

「夢の図書館」は、出版社が加盟する公益財団法人 日本複製権センターと契約済みなので著作権法を守りながら雑誌記事などのコピーサービスを利用者へ提供することができます。これは私設図書館としては画期的なことです。

 

◎本棚製作費用
現状の蔵書保管方法は、保管効率を良くするために物流コンテナに雑誌を格納して積み上げています。このままでは個々の雑誌や書籍の出し入れが不便です。蔵書の公開開始に合わせて多くの方に利用いただくために出し入れが行いやすく貴重な本を保護できる本棚を導入する費用の一部に充てます。

 

 

◆◇◆◇◆引換券について◆◇◆◇◆

ご支援をいただいた方に、金額に応じて以下のアイテムをお送りします。

 

¥3,000 の支援で受け取れるリターン
在庫制限無し
■サンクスレター
■「夢の図書館」のパートナー会員証カード1枚

(夢の図書館 会員証 1年間有効・年会費3,000円相当)
パートナーカードの所有者は、夢の図書館のコピーサービス(有料・送付可能)、宅配便を利用した貸出サービスなどを受けることができます。(サービスできない雑誌・書籍があります)

*既に「夢の図書館」の会員の方からご支援をいただいた場合は、「パートナー会員証の代わりに「夢の図書館 1日利用券」を3枚提供いたします。

■「夢の図書館」の「1日利用券」1枚

(通常1枚1,000円、有効期限:発行日より2年間)
プレオープン中の「夢の図書館」の読書室を一人1日利用できます。正式オープン後は広い図書室を利用できます。(事前予約制)
■希望者には「夢の図書館」の新着情報をお知らせするニュースレターをEメール配信

 


【写真説明】3,000円の支援で受け取れるリターン品内容

      上:夢の図書館 パートナー会員証1枚(左:表面、右:裏面)

        会員証の大きさはクレジットカードサイズ

      下:夢の図書館 1日利用券1枚(上:表面、下:裏面)

        利用券の大きさは商品券サイズ

      このスタートセットで夢の図書館が利用できます。

 

¥10,000 の支援で受け取れるリターン
在庫制限無し
3,000円の引換券に加え

■ 電算機 鑽孔紙テープ 長さ約50㎝
(ウルトラマンで科学特捜隊の隊員が「東京湾に怪獣出現!」と読んでいたコンピュータパンチテープと同タイプ)
■ 老舗メーカー製 業務用グラス 読書デスク用 倒れ難い低重心グラス 1個
■「夢の図書館」の「1日利用券」4枚(通常1枚1,000円、有効期限:発行日より2年間)
もしくは、書籍貸出券2枚(往復送料無料・貸出料無料で書籍1冊の貸出サービスが受けられます。貸出できない貴重書籍もあります。)
■「夢の図書館」WEBページの支援者紹介ページにお名前、もしくは、ハンドルネームを掲載
■「夢の図書館」が所蔵する雑誌の中でお好きな3冊に「寄贈者」としてお名前、もしくは、ハンドルネームを印刷したシールを張り付けます。同じくWEB上の蔵書一覧表の該当雑誌欄にも「寄贈者」としてお名前、もしくは、ハンドルネームを記載します。(掲載雑誌選択は先着順)

 

【写真説明】10,000円の支援で受け取れるリターン品内容 その1

      1960年から70年代に活躍した電算機パンチテープ 50cm 1本

      SF・特撮映画の定番小道具でもありました。

      当時の腕利きプログラマーは目で読めました。

      現在は貴重品なので紙テープの色は変更になる場合があります。

 


【写真説明】10,000円の支援で受け取れるリターン品内容 その2

      読書デスク用倒れ難い低重心グラス 1個

      ドリンクをこぼしてPCのキーボードをNGにしないように。

      カフェ等で使われている老舗メーカーの業務用グラスです。

      (絶対に倒れないことを保証するものではありません)

      口径:約7.2㎝ 高さ:10.7㎝ 満水容量:約290ml

      ハードストロング口部物理強化グラス

      業務用食洗機:OK、家庭用食洗機:OK、耐熱ガラスではない

 

【写真説明】10,000円のご支援で受け取れるリターン品内容 その3

      「夢の図書館」1日利用券4枚セット(通常1枚1,000円)

      もしくは書籍貸出券2枚(貸出できない貴重書籍もあります)

      遠方の方も往復送料無料で書籍の貸出が受けられます。

 

【写真説明】10,000円の支援で受け取れるリターン品内容 その4

      夢の図書館が所蔵する雑誌のお好きな3冊に寄贈者としてお名前

      もしくは、ハンドルネームを印刷したシールを貼ります。

      シールは奥付、もしくは、裏表紙付近の貼ります。

      お好きな雑誌3冊はシール貼りとWEBリスト共通です。

      雑誌選択は先着順です。



【写真説明】10,000円の支援で受けられるリーターン品内容 その5

      夢の図書館のWEBにある蔵書リストのお好きな3冊に寄贈者

      としてお名前を掲載いたします。雑誌選択は先着順です。

      お好きな3冊はシール貼りとWEBリスト共通です。

 

¥30,000 の支援で受け取れるリターン
在庫制限無し
10,000円の引換券に加え

■「夢の図書館」の名誉学芸委員の名刺100枚セット お名前、もしくは、ハンドルネームで制作
■「夢の図書館」運営会議に名誉学芸委員として新企画や運営意見を提案できる権利
■「夢の図書館」WEBページの名誉学芸委員紹介ページにメッセージとお名前、もしくは、ハンドルネームを掲載
■「夢の図書館」の「1日利用券」4枚(通常1枚1,000円、有効期限:発行日より2年間)
もしくは、書籍貸出券2枚(往復送料無料・貸出料無料で書籍1冊の貸出サービスが受けられます)
■「夢の図書館」が所蔵する雑誌の中でお好きな6冊に「寄贈者」としてお名前、もしくは、ハンドルネームを印刷したシールを張り付けます。同じくWEB上の蔵書一覧表の該当雑誌欄にも「寄贈者」としてお名前、もしくは、ハンドルネームを記載します。(掲載雑誌選択は先着順)

 

【写真説明】30,000円のご支援で受け取れるリターン品内容 その1

      「夢の図書館」の名誉学芸委員の名刺100枚セット

      夢の図書館の運営委員会に新企画やご意見を提案できます。

      *「名誉学芸委員」は「夢の図書館」の私的な肩書です。

 

【写真説明】30,000円のご支援で受け取れるリターン品内容 その2

      「夢の図書館」1日利用券4枚セット(通常1枚1,000円)

      もしくは書籍貸出券2枚(貸出出来ない貴重書籍もあります)

      遠方の方も往復送料無料で書籍の貸出を受けられます。

 

【写真説明】30,000円の支援で受け取れるリターン品内容 その3

      夢の図書館が所蔵する雑誌のお好きな6冊に寄贈者としてお名前

      もしくは、ハンドルネームを印刷したシールを貼ります。

      シールは奥付もしくは裏表紙付近に貼ります。

      お好きな6冊はシール貼りとWEBリスト共通です。

      お好きな雑誌選択は先着順です。

 

【写真説明】30,000円の支援で受け取れるリターン品内容 その4

      夢の図書館のWEBにある蔵書リストのお好きな6冊に寄贈者

      としてお名前を掲載いたします。

      お好きな雑誌6冊はシール貼りとWEBリスト共通です。

      お好きな雑誌選択は先着順です。

¥50,000 の支援で受け取れるリターン
数量制限:15
30,000円の引換券に加え

■ 特製中型本棚にお名前、もしくは、ハンドルネームを表示した本棚スポンサープレートを表示する権利
特製中型本棚1本に対して本棚スポンサープレートは1名様限定となります。
夢の図書館の内装工事が完成して広い図書室を一般公開するようになるとスポンサープレートが来館者の目に触れるようになります。
本棚スポンサープレートは、夢の図書館が存続する限り継続して表示されます。
特製中型本棚とは:広い図書室の中央に設置する高さ120㎝幅80㎝の特注本棚です。
本棚スポンサープレートにはご夫婦連名や肩書付き、会社名でお名前を表記することもできます。
■「夢の図書館」WEBページのスポンサー紹介ページにメッセージとお名前、もしくは、ハンドルネームを掲載

 

【写真説明】中型本棚はイメージ右下の部屋の中央部に設置する本棚です。

      本棚の大きさは高さ120㎝幅80㎝で実物には扉が付きます。

      蔵書の収納と本棚上部には収蔵品の展示も行えます。

      この中型本棚部分にスポンサープレートを表示します。

      今回のご支援のお願いは中型本棚部分です。

      目標より多くのご支援が集まった場合は内装費用に充当します。

 

【写真説明】50,000円のご支援で受け取れるリターン品内容

      特製中型本棚に貼るスポンサープレートの見本です。

      アルミヘアライン仕上げで耐久性があります。

      会社名やグループ名、ご夫婦連名でも表記もできます。


¥100,000 の支援で受け取れるリターン
数量制限:14
30,000円の引換券に加え

■ 特製大型本棚にお名前、もしくは、ハンドルネームを表示したスポンサープレートを表示する権利
特製大型本棚1本に対して本棚スポンサープレートは1名様限定となります。
夢の図書館の内装工事が完成して広い図書室を一般公開するようになるとスポンサープレートが来館者の目に触れるようになります。
本棚スポンサープレートは、夢の図書館が存続する限り継続して表示されます。
特製大型本棚とは:広い図書室の壁面に設置する高さ250㎝幅80㎝の特注本棚です。
本棚スポンサープレートにはご夫婦連名や肩書付き、会社名でお名前を表記することもできます。
■「夢の図書館」WEBページのスポンサー紹介ページにメッセージとお名前、もしくは、ハンドルネームを掲載

 

【写真説明】大型本棚はイメージ上部の壁面に設置する本棚です。

      本棚の大きさは高さ250㎝幅80㎝で実物には扉が付きます。

      本棚中央部分にはガラス窓の小物展示棚を設けます。

      この大型本棚の扉部分にスポンサープレートを表示します。

      今回のご支援のお願いは大型本棚部分です。

      目標より多くのご支援が集まった場合は内装費用に充当します。

 

【写真説明】100,000円のご支援で受け取れるリターン品内容
      特製大型本棚に貼るスポンサープレートの見本です。

      アルミヘアライン仕上げで耐久性があります。

      会社名やグループ名、ご夫婦連名でも表記できます。

 

「夢の図書館」プロジェクトの将来計画

 

欧米には素晴らしいコンピュータ博物館がたくさんあります。規模も大きく展示内容も充実しています。しかし日本にはコンピュータ博物館がありません。これは大変残念なことです。国力の差かもしれません。

1970年代のマイコン革命の歴史を造った黎明期のマイコンに注目すれば私設のコンピュータ博物館でも欧米並みのコンピュータ博物館を作れるのでないかと考えました。

 

幸い私の手元には貴重な黎明期のマイコンがたくさんあります。「夢の図書館」プロジェクトを皆様のご支援で軌道に乗せることができましたら次のチャレンジとして「夢の図書館」の隣に「マイコン博物館」を併設したいと考えております。

 

現状の「夢の図書館」プロジェクトの図書室デザインには「マイコン博物館」を併設する形でデザインしております。

 

今回のご支援で目標を超えるご支援が集まりましたら「夢の図書館」と「マイコン博物館」の内装費用として充当したいと思いますのでご支援をよろしくお願いいたします。

 

黎明期のマイコンだけでなく計算尺から国内外の手動式計算機、電動計算機まで揃っています。

マイコンは70年代から80年代前半の8bitマイコン中心です。歴史の転換点になった記念碑的マイコンも現物で収蔵しています。動態状態のマイコンも多いです。

マイコン少年のルーツにあたる60年代の模型と70年代の無線機も在ります。

 

左側に貴重な蔵書を収納する本棚と読書コーナーを配置します。

右側には黎明期のマイコンを展示して実際にご利用いただけます。

部屋の奥にはビンテージラジオと無線機を展示して運用します。

部屋の中央部にはビンテージ模型を展示します。戦前の模型もあります。

すべて大変貴重な歴史資料です。皆様のご支援をお願いいたします。

 


最新の新着情報