子どもの家からのニュースレターのお知らせ第2弾です。

家庭内暴力を受けていたジョナタンが子どもの家に来ることになりました。

送られたきた写真からは、とても暴力を受けていたように見えませんが、

子どもの家で情緒が安定し、自立し、愛に満ちた人間に成長できることを

確信しています。

 

施設の代表のエティエンヌからメールがあり、「資金が足りなくても、僕たちは

この活動を必ず続けていく」と言われました。ジョナタンのようなトラウマを持った子どもたちが幸せに巣立っていく姿を見る感動と使命感を強く持っているのだと

感じ、さらに支援がんばるぞ!と思わされました!

 

引き続きみなさまのご支援どうぞよろしくお願いします。

知り合いの方にリンクをシェアしていただくだけでもとってもありがたいです。

みなさまの小さなアクションが子どもたちの幸せな将来につながります。

押しつけがましいお願いは個人的にはきらい苦手ですが、協力したいと思われたら

ご協力頂ければありがたいです!

 

新着情報一覧へ