子どもの家の代表エティエンヌからメールが来ました。

先日、新しく赤ちゃんが子どの家に来ました。

彼女のお兄ちゃんが父親の虐待を受けて亡くなり、彼女のお母さん

はショックで精神病院に入ったため、育てる人がいなくなり、

子どもの家に来ることになったそうです。

そんな悲劇が家族にあったとは想像もできないほど天使の笑顔をしていますが、

ここですくすく幸せに育ってもらいたいと願うばかりです。

 

エティエンヌからは、資金が足りなくても僕たちは活動を続けていくと

言われました。

 

この子どもたちの笑顔をみるときの幸せと助けを必要としている子どもたちに手を差し伸べたいという必要性を強く感じているのだなと思い、私も最後まで

このプロジェクトのためにがんばろうと思いを新たにしました。

 

新着情報一覧へ