皆様

 

 昨日に引き続き、エティエンヌとマリアからメールがありました。

施設に一番長くいたヤレリちゃんに里親が見つかりました!

 

ヤレリちゃんは、両親の元にも、親族の元にも帰れない境遇にあり、里親を探すしかなかったのですが、里親に書類の手続きがヤレリちゃんの場合はとても大変で

法廷で解決せざるをえなくなり、長い年月を要しました。

 

何十枚も書類を書き、担当機関に提出したのに、その機関の不備で書類を紛失され、コピーを取っていなかったら、再度理不尽に作成を求められるなど、日本では

考えられないような苦労をして、マリアたちはヤレリちゃんのためにがんばっていました。

 

 「子どもの家」は4歳までの幼児を預かるのですが、ヤレリちゃんはもうすぐ

5歳になろうとしており、一緒に生活していたみんなが旅立って行く度に、ショックで数週間は落ち込み、マリアに「私はいつ家族の元に行けるの?」と聞いていたそうです。

 

という訳で、このニュースは私にとってもとてもうれしく、写真でヤレリちゃんの

安心した顔を見て、涙が出そうになりました。

 

エティエンヌとマリアの喜びはその何十何百倍だと思います。

 

 

 

新着情報一覧へ