READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

インドネシアの記者を招く!災害時の経験を共有し減災に繋げたい

赤阪清隆(公財 フォーリン・プレスセンター理事長)

赤阪清隆(公財 フォーリン・プレスセンター理事長)

インドネシアの記者を招く!災害時の経験を共有し減災に繋げたい
支援総額
353,000

目標 300,000円

支援者
36人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
0お気に入り登録0人がお気に入りしています

0お気に入り登録0人がお気に入りしています
2014年09月26日 21:17

宮城県さん紹介~復興に向けて外国企業の誘致に邁進

みなさんこんばんは。

FPCJスギタです。

わたくしたちのプロジェクトへの多くの方々によるご支援、本当に​ありがとうございます。つい先ほど新たなご支援をいただいたので、現在なんと90%!目標達成まであともう少しです。これまでにいただいたご支援を生かして、インドネシアから記者を招き、意義のあるシンポジウムを来年1月に開催できるよう、これからも職員一同頑張りますので、引き続き皆様の応援をお願い申し上げます。


外国企業の誘致を呼びかける宮城県さんのプレゼンテーションを拝見!

​ 9月25日、外務省で開催されたセミナーにオブザーバーとして参加しました。このセミナーは、外務省が自治体と協力して、日本の地方の魅力を外交団に発信する事業で、毎年数回外務省で開催されています(ほかに外交団が地方を直接訪問して魅力を体験するツアーもあるそうです)。

 今回は宮城県をはじめとする4自治体が、スライドを使ってそれぞれの自治体の魅力を英語で紹介し、その後地域の産物・製品や投資先としての魅力をブースのディスプレイなどを使って紹介しました。会場では多くの外交団が説明に熱心に耳を傾け、また各ブースでは自治体の方々との交流が行われていました。

 宮城県さんによる今回のプレゼンテーションのテーマは、「外資系企業誘致に向けた宮城県の魅力」。宮城県の幹部職員の方が、何故宮城県が外国企業にとって魅力的な投資先なのかを5つの切り口で説明しました。第1に高度技術をもつ優秀で勤勉な労働力、第2に整備されたインフラ設備、第3に東北大学を中心とした産学連携等によるR&Dやイノベーション力、第4に税制措置等の財政政策、第5にビジネス展開にかかる低コスト。外国企業の誘致により震災復興と経済再生を目指す宮城県さんの意気込みを感じました。



​(宮城県職員の皆様による県産品の紹介。ピンクの法被には「笑顔咲くたび伊達な旅」のキャッチコピーが!)

 

震災直後の宮城県訪問

 少し時計の針を戻しますと、2011年6月、震災直後に宮城県に出張しました。仙台市の中心街はすでに活気を取り戻していましたが、市内を走行すると、空き地に積み上げられた車の残骸、多くの修復中の建物など甚大な被害を受けた傷跡がまだ生々しく残っていました。特に仙台市に隣接する名取市に足を踏み入れた時には言葉を失いました。日和山から見えた悲しい光景は、今でも忘れません。震災前は住宅地として人々が生活を営んでいた場所が、見渡す限り何もない、家の基礎部分だけがわずかに残っている変わり果てた風景に変わっていました。

 また同市内にある仙台空港も、津波で受けた被害により、全面的な復旧の最中にありました。途中「仙台東部道路」と呼ばれる高速道路を走行しましたが、この高速道路の海側と反対側では景色が一変しているのがわかりました。高速道路が津波の防波堤としての役割を果たしたため、海側では大半の家屋が流出してしまったのに対して、その反対側の被害は比較的少なく、津波の威力が如何に凄まじいものであったかを実感する光景でした。

 セミナーでは外交団に語りかける宮城県職員の皆様の笑顔を見て、あの時の光景を思い起こし、力強く復興に前進する宮城県の皆様に心からエールを送りました。

 

むすび丸は豊かな食と文化に恵まれた宮城県のシンボル!

 宮城県のブースには、伊達政宗公の兜で身を固めた勇ましい「むすび丸」の姿がありました。むすび丸は豊かな食と文化に恵まれた宮城県を象徴する観光PRキャラクターです。今回は、むすび丸に仙台市さんからいただいた第3回国連防災世界会議バッジ(写真は特大版)を身に着けてもらって撮影しました。

 宮城県さんからは、プロジェクトの引換券のグッズとして、むすび丸の躍動感あふれる姿などを描いたクリアファイル2種としおりのセットを頂いております。

 

(宮城県による県産品などの紹介ブースのむすび丸ディスプレイ)

 

あと目標達成まで一息です。​プロジェクト達成に向けての皆様からの応援をどうぞよろしくお願い致します!

一覧に戻る

リターン

3,000

・お礼のお手紙
・プロジェクト報告書(記者による報道のコピー付)
・FPCJ年間リポート
・第3回国連防災世界会議バッジセット

支援者
20人
在庫数
制限なし

10,000

3,000円の内容に加えて、

・日本アセアンセンター特製クリアファイル
・和歌山県ポストカードセット5枚入り
・三陸復興手ぬぐい(白・紺どちらか一つ)
・宮城県グッズセット
・FPCJ特製エコバッグ

支援者
13人
在庫数
17

30,000

1万円の内容に加えて、

・福島県グッズセット
・FPCJシンポジウムご招待状(2名様分)

支援者
2人
在庫数
3

50,000

1万円の内容に加えて、

・オールドバティックバッグ(どれか1つ)
・FPCJシンポジウムご招待状(2名様分)

支援者
2人
在庫数
1

100,000

1万円の内容に加えて、

・理事長赤阪清隆による出張講演会
※内容、場所、時期等の詳細はご相談の上、決定させていただきます。
※恐れ入りますが、交通費はご支援者様でご負担いただきますよう、お願い申し上げます。
・FPCJシンポジウムご招待状(2名様分)

支援者
0人
在庫数
3

プロジェクトの相談をする