5/25(土)26(日)、「Do for others」をモットーにしている明治学院大学の文化祭、戸塚祭りで団体活動説明とガーナ料理販売を行いました。

本日はガーナ料理販売の様子を写真と共にお伝えしたいと思います。

 

フフと言えば、ガーナの代表料理の一つ。お餅がドボンと贅沢にスープに入っています。

お餅と言っても原料は日本のそれと異なります。プランテーンという大きいバナナ又はヤムイモと、キャッサバという芋から作られています。

<プランテーン>

<ヤム芋を下ごしらえ中>

 

フフは沢山の方に気にいって頂けました。あまり食べる機会のないガーナ料理にみんな興味津々です。

ガーナ料理をきっかけに、難しい問題である飢餓や貧困の問題を少しでも身近に感じてもらったり、Food to allを知ってもらうきっかけになっていればと思っています。 今回は多くのボランティアさんがこのイベントの為に頑張ってくれました!みんなとても関連分野に興味を持っており、お互い刺激になりました。一人では大きなことは出来ないですが、このように目標を同じくする者たちが繋がって行けば段々と大きなことが出来るようになると考えています。

これからもFood to allをよろしくお願いします!
そして、Readyforでのプロジェクト達成をめざし、ご賛同とお仲間への情報拡散をお願い申し上げます!

新着情報一覧へ