除草剤を撒いた後、2週間半が経過しました。
木を取り除いたので、早速耕す下準備に入ります。


まずは枯れた雑草を火が広がりやすいように倒していきます。
この作業は高校生の彼らが担当しました。

ガーナでも義務教育は中学校まで。高校の学費は高いため、全ての子供たちが通えるわけではありません。親たちの収入だけでは足りないため、夏休みを利用して仕事を探していた生徒さん達です。



その後、枯れた草を焼いていきます。これはボランティアのリチャード君が担当してくれました。中学校の先生ですが、夏休みを利用して協力してくれています。



雨が降り次第、畑を耕し始めます。


ご支援の募集終了まであと12日!どうぞ是非皆さんのお力を貸して頂ければと思います!よろしくお願いします!

新着情報一覧へ