クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

戦後70年。平和について世界の学生との国際会議を広島で行いたい

嶋吉 慧

嶋吉 慧

戦後70年。平和について世界の学生との国際会議を広島で行いたい
支援総額
316,000

目標 300,000円

支援者
30人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2015年07月23日 21:08

GNLFに入って ~私たちが目指していくもの~

皆様のご協力により、クラウドファンディングの達成率が70%を超えました。重ねて御礼申し上げます。

しかし、終了まで残り一週間となっております。もし、ほんの少しでも目標額の30万円に足りなければ、皆様にご支援いただいた分を活動に使わせていただくことはできません。

本会議を成功に導けるよう、最後までご協力よろしくお願いいたします。

 

 

さて、今回は、GNLFに入って直面してきた課題、そしてこれから目指していきたいものをメンバーの一人に書いてもらいました。

 

 

GNLF2年の田久保彰太です。渉外を担当しています。
弊団体の主観的な紹介をします。


GNLFは今年で5年目を迎えました。今年は、14か国の学生が広島に会します。
彼らひとりひとりが、大事なひと夏のリソースを割いて来日するわけですから、運営側には、複雑なコーディネート力が求められます。企画立案からロジの手配まで、頭も手足もフルに動かす必要があります。まして、GNLFは学生27人で運営されているので、学業と二足の草鞋を履きながら、全員が当事者であらねばなりません。GNLFに見習い期間はないのです。

 

ともあれ、学生団体なので、当然の様に制約は多いです。お金、時間、人脈。言い訳は周りにごろごろ転がっています。そして、14か国の学生に来てもらえさえすれば、活動として一応カタチにはなってしまいます。

 

しかし、5年目を迎えた今、「開催すること」を目的にしたくはありません。みんなで頑張った思い出も重要ですが、それだけで終わるのは、もはや満足できません。「楽しく笑って国際交流」では、多くの現実に向き合えません。

なのでGNLFは、「口先だけのネットワーク」に終わらぬよう、日々頭を悩ませています。

 

どうすればサークル活動を超えたサークルになれるのか?
大人が開くなんとかサミットに、どうすれば食い込んでいけるか?
議論が理想主義過ぎではないか?
知識や歴史を軽んじてはいないか?
「若い」「学生」にかまけていないか?
なぜ今? なぜここで? なぜ私が?

 

学生団体ならどこでも抱くジレンマに、GNLFはいつもがっぷり四つです。
答えが見えたとき、GNLFはひとつのバリューになれると思います。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

■サンクスメール
■成果報告書の送付(英語・日本語選択可)
■8月14日に東京で行われるレセプションでの支援者名の読み上げ

支援者
12人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

3,000円の支援に加えて
■レセプションへの入場券
■レセプションでの記念撮影に参加する権利
■海外参加者からのサンクスレター
■海外参加者が選ぶ各国のお土産

支援者
17人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

3,000円の支援に加えて
■レセプションへのペア入場券
■レセプションでの記念撮影に参加する権利
■海外参加者からのサンクスレター
■海外参加者が選ぶ各国のお土産
■GNLFのロゴ入りTシャツ(参加者着用と同じもの)

支援者
2人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

3,000円の支援に加えて
■レセプションへのペア入場券
■レセプションでの記念撮影に参加する権利
■海外参加者からのサンクスレター
■海外参加者が選ぶ各国のお土産
■GNLFのロゴ入りTシャツ(参加者着用と同じもの)

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする