皆様、こんばんは。合奏団リリカ鍵盤ハーモニカ筆頭 しもすわ です。
 
これまで筆頭の方々が、グレングルーの生い立ちや裏話など沢山語って下さったので、私は鍵盤ハーモニカについて簡単にご紹介させて頂こうかと思います。読みづらい所もあるかと思いますがご容赦下さい。
 
鍵盤ハーモニカといえば、皆様小さい頃に音楽の授業で使用した『ピアニカ』などと呼ばれているものを想像されるかと思いますが、まさにその鍵盤ハーモニカになります。
マンドリンオーケストラに鍵盤ハーモニカ??と戸惑われる方も多いかもしれません。私自身、マンドリンにも鍵盤ハーモニカにも無縁な生活をしていたため、合奏団リリカに誘われた時は「いったいどんな団体なんだ・・・?」と非常に困惑した記憶があります。
 
先述の錦戸さんが書いている通り、マンドリンは非常に華やかな音色です。
それと比べると鍵盤ハーモニカは知っての通り牧歌的というか歌声に近い柔らかな音色で、
合奏してみると、マンドリンオーケストラにはほどよくアクセントを与えてくれ、意外なまでに調和(?)するというか相性の良い音色だと感じました。
 

こちら(画像中央)が、今回グレングルーの地下水路街で使用する鍵盤ハーモニカになります。

鍵盤ハーモニカには、教育用からライブにも使用できるほどの本格仕様のもの、
またソプラノからバスまでと多種多様の鍵盤ハーモニカが存在します。
今回は、合奏ということで音程が非常に安定しておりレスポンスも良く、旋律も伴奏もこなせる本格仕様の鍵盤ハーモニカを使用します。CD完成の暁には存分に音色を楽しんで頂ければ幸いです。(練習頑張ります)

さて、御礼が遅れましたが、この度皆様のご支援のおかげでCD化に向けて大きく前進することができ、誠にありがとうございました。
そして、NEXT GOALとして"広報に関する費用"の充実を掲げさせて頂きました。
私自身、合奏団リリカはマンドリン界以外への知名度がまだまだ低い、と実感することが多々あり、自信をもって作り上げた作品をより多くの方々に聞いてもらいたい、そして是非とも定期一揆(演奏会)にお越し頂き生の舞台を感じてほしい、と考えています。
しかし正直私は、今の合奏団リリカには広報に対する余力があまり無い、と感じています。より多く方々に知ってもらい楽しんで頂くためにも、皆様のご支援が非常に大切だと思いますので、引き続き応援よろしくお願いしたいいたします!
 
次回は、マンドリン奏者・足立さんの登場です!
今週の練習風景とともにお届けする予定ですので、どうぞお楽しみに!
新着情報一覧へ