クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

IT立国エストニアをわかりやすく紹介した本を出版したい。

前田陽二

前田陽二

IT立国エストニアをわかりやすく紹介した本を出版したい。
支援総額
545,000

目標 530,000円

支援者
43人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2015年11月08日 17:43

はじめまして。JEEADIS理事のラウル・アリキヴィです。

 私は、日本の経済発展と日本の文化に興味を持ち、高校生の時に交換学生として一年間、日本に滞在しました。エストニアで大学を卒業後再度日本にきて、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科に入学し、2005年に卒業しました。卒業後はエストニアに戻り、経済通信省(Ministry of Economic Affairs and Communication)で働き始めました。エストニアの省庁では若い人が多く、28歳の時に経済政策本部長になり、主にエストニア企業の国際化と海外からの投資に関する政策立案を行いました。私はまた、エストニアとアジア諸国間の貿易を促進するための「アジアプログラム」を作成するとともに、経済通信省が中心となって進めている電子政府の構築にも参加しました。

 3年ほど前に、初めての子供が生まれるのを期に、妻の母国である日本に戻ることを決心しました。
 日本では、エストニアが進めるデジタル社会の実現について、紹介する活動をしています。もちろん、日本語でも講演をしています。

 

 

            (日本情報経済社会推進協会/JIPDECでの講演活動)

 

 この写真ではわかりにくいのですが、エストニアでは電子政府構築にあたっては、まず全体のビジョンを作成し、個々のシステムの構築については、技術、体制、法律を関連付けて検討を行います。長期的視野に立って、焦らずに着実に進めることが、結局は低いコストでの実現を可能にすると考えています。今では、政府にとどまらず、社会全体がデジタル化に向かって動いています。
 日本では、まだまだ、デジタル社会に対する国民の関心が低いのではないかと考えます。
 エストニアが進めているデジタル社会の実現について、私の知識、体験を日本の皆様にお伝えしたく、2年前にこの本を企画し、前田氏と協力して原稿を完成させました。皆様にご支援いただければ、この原稿を出版することができます。

 

出版に、是非ご協力をお願いします。

一覧に戻る

リターン

5,000円(税込)

1)サンクスカード(送付先は国内 著者及びエストニア政府CIOターヴィ・コトカ氏のサイン入り)

支援者
17人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

1)サンクスカード(著者及びエストニア政府CIOターヴィ・コトカ氏のサイン入り)
2)ハードカバー特別版直筆サイン入り1冊
(送付先は国内)(READYFOR限定版)

支援者
23人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

1)サンクスカード(著者及びエストニア政府CIOターヴィ・コトカ氏のサイン入り)
3)ハードカバー特別版直筆サイン入り+PDF電子版付き 1冊
(送付先は国内)(READYFOR限定版)
4)謝辞ページへのお名前の記載(ご希望される方)

支援者
4人
在庫数
6

100,000円(税込)

1)サンクスカード(著者及びエストニア政府CIOターヴィ・コトカ氏のサイン入り)
3)ハードカバー特別版直筆サイン入り+PDF電子版付き 5冊(送付先は国内 READYFOR限定版)
4)謝辞ページへのお名前の記載(ご希望される方)
5)執筆者及びJEEADiSメンバーによるエストニアのITに関するプライベートレクチャー(2時間程度)
※東京近郊以外の場合は交通費をご負担ください。
※実施期間 2015年12月1日~2016年12月31日

支援者
1人
在庫数
4

300,000円(税込)

1)サンクスカード(著者及びエストニア政府CIOターヴィ・コトカ氏サイン入り)
3)ハードカバー特別版直筆サイン入り+PDF電子版付き5冊(送付先は国内 READYFOR限定版)
4)謝辞ページへお名前記載(ご希望される方)
5)執筆者及びJEEADiSメンバーによるエストニアのITに関するプライベートレクチャー(2時間程度)
※東京近郊以外の場合は交通費をご負担ください
6)ラウルアリキヴィ氏による、エストニア視察のアレンジと視察の同行
※視察は、現地2日間以内
※視察参加者の交通費、宿泊費及び通訳費は含まれません(現地旅行会社の紹介・コーディネイトなど渡航支援は可能)
※実施期間2015年12月1日~2016年12月31日

支援者
0人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする