ロボットの形や機能について

人間国宝落語家「桂米朝」氏そっくりのロボットが人気である。大阪大学の石黒教授のチ-ムは教授そっくりのロボットや若い女性に似せた人型ロボットで当初はあまりにも人間に似ていて不気味という声も上がったが、私はこれも慣れではないかなと思っている。人の顔は実に不思議にできていて、初めはなんとも思わなないのだが慣れてくると好感を持ってくる。流暢に会話をするとなれば何回も見ていると愛着が出てくるだろう。掃除ロボットを開発しているアメリカのメ-カーの社長は掃除ロボットは床をきれいにする機能で売れているので、形や様々な機能はあまり関係はないという発言があったが、人の心の問題はそうはいくまい。もちろん機能は優先されるかもしれないがるがロボットが人間らしくなるということはとりわけ福祉・健康分野では必要でなないだろうか?

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています