1ヶ月半のクラファンも残り期間が一桁になるとかなり焦りますね。

毎熊浩一共同代表の悲痛なまでのお願いです!

 

【ご支援のお願い!――僕のことは嫌いでも、JGKは…】
 JGK(=「自分ごと化会議 in 松江」)のクラウドファンディング、締切まであと一週間を切ってしまいました。
 https://readyfor.jp/projects/JGK-matsue
 多くの温かいご支援を頂き有り難い限りですが、残念ながらまだ目標達成にはほど遠い状況です。どうかご協力をお願いいたします!
 なお、かつて共同代表の挨拶としてブログに載せた拙文を再掲(←ほんの一部修正)せさせていただきます。
 ※https://ameblo.jp/jibungotokakaigi/
 ご笑覧いただければ幸いです。

<政治、AKB、そしてJGK>

 唐突ながら、「選挙」の話から。かねて関心事の一つでして…。実は、テレビの「特番」にも生出演したこともあります(←が、もう懲り懲り!)し、学生とともに、ささやかながらそれ関係の活動もしてきました(例えばポリレンジャー)。
 ※https://www.facebook.com/poliranger/
 
 しかし、選挙は選挙でも、僕にはどうも興味がわかないものがあります。

 そう、「AKB総選挙」。

 ファンの皆さんには申し訳ありませんが。ただ、そのことで誰かに迷惑をかけてるってこともないでしょう。僕自身も、特に困ったことはありません。

 けれども、世の中には、こちらが無関心だとしても、あちらから勝手に絡んでくる(少なくとも放っといてはくれない)ことが結構あります。一般に「政治」に属すとされる問題はそうでしょう。例えば、安保、憲法、農業、通商、財政など。

 もちろん、「原発」も!

 毛嫌いしようがそこで働こうが、例えば「ひとたび事故が起これば、みんな避難者」(「大谷共同代表」ご挨拶)なのです。
 ※http://urx.blue/NSxk
 
 
 けれども、その割には、人々の関心はあまり高くありません。いわんや「行動」をや。かの「総選挙」のように、お金を払ってまで「投票権」を得んとする人はまずいないでしょう(←ま、実際やると犯罪ですけどね)。

 加えて、希少で貴重なはずの「行動」派のなかには、右・左、賛・否を問わず、やたら攻撃的だったり排他的だったり、という人たちもみられます(参照、「福嶋共同代表」ご挨拶)。
 ※http://urx.blue/NSxp

この状況、何とかしたいもんです。

 「遠い」(と思われている)問題に関心が集まるようにするにはどうしたらよいか、「高い」参加ハードルをいかに下げるか、価値観や立場の「違い」をどう乗り越えていくか。実はこれら、僕自身、研究者・教育者として、長らく思索してきた「問い」なのです。
 ※https://goo.gl/tpfa65

 そして、この度の「自分ごと化会議(=JGK!)」は、それへの一つの(実験的・展望的)「答え」に他なりません。

 その理由(=特長)をいくつか確認しておきましょう。

①無作為抽出により「いつもの顔ぶれ」を脱せられそうです(←無関心層から行動派まで?)。

②知識の有無・程度、問われません。「学習」の機会もあります(←しかも専門家とともに!)。

③参加者同士の「対話」の場が用意されます(←もちろん多様な価値観を大事にしながら!)。

④最後は、各方面への「改善」提案を予定(←単純に賛否を決めるものではありません!)。

⑤学生も含めた「民」手づくりの試みです(←当然ながら公正な運営を心がけています!)。

 是非ご注目・ご期待・支援ください!(←「僕のことは嫌いでも、JGKは・・・」)

新着情報一覧へ