今月初め11歳の幼い少女が狂犬病で亡くなったことをきっかけにカンボジアで狂犬病ワクチン接種希望者が多数詰めかけるということが起きています。

日本でそうならないのはなぜか…

狂犬病の予防接種を犬にうけてもらってるから。
(以前海外で噛まれた日本人が発病して亡くなった時は社会的な動揺がありました。)
そして、病気や衛生に関しての教育があるから。

どれだけ噛まれた後に接種しても終わりがありません。
噛まれないようにしても子供達には無理です。

犬猫に狂犬病予防接種を行って欲しい!

人と接する動物達が予防して初めて人が安心して暮らせる社会になります。
国家を代表する首相が声明を出す事態なのです。

子供達が安心して暮らし、動物達と共に生活できる社会にしたい。

新着情報一覧へ