コストコは「同一賃金」「同一労働」「日本一律」

 

6月30日に、衝撃的なニュースが流れた。

世界標準の波がやってきたのである。終身雇用でなけば有り得る給与。

きっと人の流れが変わり、他への影響も大きくなるだろう。

 

一昨年、岐阜・西濃地域に同じような衝撃が走った。
コストコの進出とともに、その時給のうわさが広がった。
コストコは同一労働・同一賃金。バイトも正社員も同じ条件。
さらに、日本のどの店で働いても、同じ賃金というのだ。

試用期間90日の時給後は、
1000時間勤務ごとに時給は64~82円の幅で上がり、
最高額1800円まで上がるという。

各種手当も含めると、月給20万以上になるのも早い。

 

影響で看護受験環境も、大きく変わった。
コストコのオープンにより、近隣の方々が高時給で働くこととなった。
愛知一宮北部にある修文大学看護科の新設により、高校生が大学へ。
2つの影響が最も大きかった羽島准看護学校の競争率は、かなり下がった。

 

時給1800円は衝撃的な時給だ。

適性があれば、シングルマザーの就業先としての候補となる時給なのだ。

新着情報一覧へ