よく、野津原の山奥で「森のごはんや」は、やっていけるのかとの質問をいただきます。

森のごはんやに支援をいただく以上当然です。そこで、強味について、説明いたします。

 

1)自家栽培、地元農家との連携による食材調達

 当店で使用する野菜等の食材は、多くが自家栽培、親族からの無償提供、地元農家からの安価な調達等によるものです。

 出所の近い安全・安心かつ安定的な調達ルートであるだけでなく、食材原価を他店舗と比べ大幅に下げることができるため、都市部に比べ少ない入店数でも継続運営可能な利益水準を達成できます。

【食材原価率(想定)】25%(少量の廃棄ロス込み)

 

(2)豊富なオリジナル食材

  ①メープルシロップ

当店敷地内にあるカエデの木から、完全自家製・無添加のメープルシロップを製造しています。

国産メープルシロップは、山形県などでわずかに生産しているのみで、希少性が高く、さらっとした食感と豊かな甘み、味わいを特長としています。

スイーツ、デザートでの活用・調味料としての活用を検討しており、生産と店舗使用とのバランスを見ながら物販に着手していきたいと考えています。

 

  ②桑茶

   敷地内の桑畑で獲れる桑の葉から、上質な桑茶を製造しています。

 味わいだけでなく、ノンカフェイン、豊富な食物繊維などの健康面での  特徴も併せ持つ桑茶を、当店の名物にしていきたいと考えています。

 

  ③桑の実ジャム

   桑の実(マルベリー)からジャムを自家製造しています。

   県内でも竹田市、日田市天ヶ瀬等で販売していますが、希少性の高い食    材です。

 

  ④果実のジャム

   野イチゴ、桃、プラム、ビワ、スイバ等のジャムと製造しています。

   無農薬、農薬を使わないため、安全で、美味しくいただけます。

 

  ⑤ブルーベリー

   敷地内にブルーベリー畑があり、現在も​収穫体験等を実施しています。

 

  ⑥地元産野菜 

農業体験でご協力いただいている地元農家さんとの人脈を活かし、開店当初はレ ストランの食材として、将来的に物販にも力を入れていきたいと考えています。

新着情報一覧へ