Next Door Project for Reading サポーターの皆様

 

こんにちは。ケニアより山上 遊です。

 

毎度のことながら、状況報告が滞ってしまいまして、申し訳ございません…。前回の反省が活かされていません。ケニアの滞在期間が長くなる中で、私は「Pole pole (スワヒリ語でゆっくり、ゆっくり)」気質になってしまっている可能性が高いので、反省します…。

ケニアは10月に入って、急に暑くなりました。今はジャカランダという木が、桜の木の様に一斉に花を開き、色んな所が紫色で美しい時期です。

 

さて、図書館プロジェクトですが、許認可の問題はクリアし、8月末より工事着手に至りました。今は壁工事に着手したところです。

写真も一緒に、詳細をご報告いたします。

 

基礎工事に社員も貢献?!

TICAD VIの開催に合わせて、8月末、社員2名がムクルスラムを訪問しました。トイレを改善した学校の視察に加えて、図書館プロジェクトの現場見学も実施しました。以前、私が訪問した時にはなかったゲートも設置されて、よりコミュニティの人たちが安心して過ごせるスペースになっていました。


礎工事のための穴掘り作業がされている最中で、彼らもその作業に少しだけ加わっております。

穴掘りにちょっとだけ、貢献

 

訪問に合わせて、ムクルスラムを離れる前に図書館の側に植樹をしました。子供たちの成長・木の成長がこれから楽しみです。

工事に関わる若者と一緒に植樹

 

 

 床工事・壁工事

基礎工事の後、床配筋などを経て、壁工事が始まっています。ケニアでは石が豊富にとれるので、石積みの建物が一般的です。地震の多い日本では考えられませんが、20階建のビルでも壁は石積みという事が多く、びっくりします。

日差しの強いケニアですが、石積みのおかげで室内はひんやりと心地よく、本を読むのに適した環境になるはずです。

工事の様子。ブロックは重くて、20kg位あるのでかなりの重労働です

 

 

 図書館の名前決定! : Mti wa Kengele

図書館の名前が 「Mti wa Kengele」に決まりました。意味は「鈴の木」。ネーミングライツを購入くださった方、度重なる家族会議でのご検討、ありがとうございました!

優しい鈴の音が 子供たちの未来を応援する、そんな光景が目に浮かぶ、とても優しい名前だなと思いました。

 

 

 

 

時間がかかってしまっていますが、少しずつ前に進んでいます。これからも、温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

Next Door Project/山上 遊

2016年10月18日

新着情報一覧へ