READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

世界初!幻のロータリーバイクの複合素材模型を開発したい!

高田 裕久(GUMKAミニチュア代表)

高田 裕久(GUMKAミニチュア代表)

世界初!幻のロータリーバイクの複合素材模型を開発したい!
支援総額
2,072,000

目標 4,500,000円

支援者
71人
残り
終了しました
募集は終了しました
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

8お気に入り登録8人がお気に入りしています
2015年03月25日 14:39

第7回 OCR1000の豆知識 メーター関連

プロジェクト支援の公募も、あと60日を切りました。

前回の新着情報で、100万円突破が目前とお伝えしたのですが、

その状態が続いております。

 

まだ期日まで時間があるので、今後、支援が増えると信じて、

ここはじっくり待ちたいと思います

 

さて以前、実車取材の際にオーナーの牛山氏から、

OCR1000の豆知識を幾つか教えていただきました。

 

バイク雑誌にも載らない貴重な情報なので、

このコーナーで御紹介したいと思います。

 

まず今回はメーター関連から。

 

 

 

 

御覧のとおりOCR1000のメーターは、キレイなグリーンの文字盤で、

スピードメーターの最高速度の目盛は260km/hまであります。

 

実はコレ、ポルシェの自動車用を流用したからで、

そこまで速度が出るというわけではありません。

OCR1000は、1977年当時、市販車最速でしたが、

メーカー公表値は時速213km/hでした。

 

バイクにしては大きめな燃料計もポルシェの流用品ですが、

OCR1000の量産部品の設計を担当したのはポルシェだったので、
こうなったようです。

 

これらのメーターは屋根のある自動車用なので、

普通のバイク用と比較すると文字盤の色抜けがし易いそうです。

 

さらに、普通のバイクのメーターボックスの下部からは、

写真のように、タコメーター用とスピードメーター用の

二本のケーブルが出ています。

 

 

 

しかし、OCR1000は、御覧のように、左側に一本だけです。

 

 

 

これは電気式タコメーターだからで、

やはりポルシェ用をそのまま流用した結果です。

 

牛山氏によれば、当時の市販バイクで電気式タコメーターはなく、
おそらく、OCR1000が世界初だろうとのことです。

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

・ サンキューメール
A 御礼状
B 特製クリアーファイル贈呈

支援者
4人
在庫数
制限なし

5,000

・ サンキューメール
A 御礼状
D オリジナル・マグカップ贈呈

支援者
4人
在庫数
制限なし

10,000

・ サンキューメール
A 御礼状
B 特製クリアーファイル贈呈
C オリジナル・トートバック贈呈
D オリジナル・マグカップ贈呈

支援者
5人
在庫数
制限なし

20,000

・ サンキューメール
A 御礼状
E 発売時にOCR1000のキットを贈呈
F キットに同梱される支援者リストに御名前を掲載

支援者
37人
在庫数
制限なし

30,000

・ サンキューメール
A 御礼状
B 特製クリアーファイル贈呈
C オリジナル・トートバック贈呈
D オリジナル・マグカップ贈呈
E 発売時にOCR1000のキットを贈呈
F キットに同梱される支援者リストに御名前を掲載

支援者
19人
在庫数
制限なし

300,000

・ サンキューメール
A 御礼状
B 特製クリアーファイル贈呈
C オリジナル・トートバック贈呈
D オリジナル・マグカップ贈呈
F キットに同梱される支援者リストに御名前を掲載
G プロモデラーによる塗装済み完成品を贈呈

支援者
2人
在庫数
8

プロジェクトの相談をする