チャイルドドクターでは、スラムや孤児院に住む子ども達、脳性麻痺等や心臓疾患等の慢性疾患を抱えた子ども達の医療支援をしています。※チャイルドドクター制度

 

慢性の疾患を抱えた子ども達は毎月の医療費が健常児よりかかるため、複数の支援者さんにサポートをしていただいていますが、医療支援スタートまでに長い長い列の中で待つ必要があります。

 

助けてください!とチャイルドドクターの噂を聞き、門を叩くお母さん達、まずは、医師達からの初めてのアセスメントを受けるためのリストに並びます。
3カ月に1回行われる支援待機リストに入る為のアセスメントを行い、医療支援の緊急性と必要性の高い子どもから、支援待機リストに入ります。

 

現在支援をしている59名の慢性疾患チャイルドが、順調に回復し、チャイルドドクターからの医療サポートを必要としなくなった場合、または、転居や死亡した場合に約20名の支援待機リストの子ども達の中から数名、医師からの再アスメントと、フィールドスタッフによる家庭訪問と面接、社会面の調査を行い、選ばれた1名のみが支援開始となります。

 

 

 

週に2回、チャイドク診療所にてリハビリ訓練をしているシャーマちゃん。
彼女も医師達からの一番最初のアセスメントを待っている子の1人です。

 

シャーマちゃんは現在4歳。発達障害等をもっているようです。(支援開始していませんので専門家の検査を受けていません)
シャーマちゃん家族はナイロビからバスで8時間のモンバサに住んでいましたが、シャーマちゃんの治療の為、お父さんはモンバサで働き、お母さんとシャーマちゃんと双子のお姉ちゃんと一緒に叔母さんを頼ってナイロビに来ました。


何度か国立病院でのリハビリ訓練に通ったようですが、1回500ケニアシリング(約560円)と高額なため、チャイルドドクターの噂を聞き、助けを求めにきました。
お父さんは門番として夜間働き10000ケニアシリング(約11,200円)の月給をもらっています。

 

 

 

シャーマちゃんはよく遊び、よく笑う子ですが、おしゃべりはまだできません。

お母さんとのコミュニケーションはどうにかできているようです。

チャイルドドクターの診療所では1回50ケニアシリング(56円)でリハビリ訓練を受けることが出来ます。


どうか、シャーマちゃんや他の子ども達に必要とされているこの診療所が在続していけるよう、応援よろしくお願いします。

新着情報一覧へ