おはようございます。

9月にパリで栗原展を開催したエスパス・ジャポンのギャラリーでは、現在神戸の美術商・茶道具専門店である日興堂さんの展示会が行われています。 

 

展示会タイトルは「IKI 2 :茶と骨董」 で、お茶の道具を中心(お茶碗、おなつめ、その他茶道で使う道具)に掛け軸、塗りのお椀などを展示販売しているそうです。 

内容はフランス語ですがこちらでご覧いただけます。

http://www.espacejapon.com/fr/16_10_expo_vente_iki_2_the_antiquites_japonaises 

 

2回目の開催となるそうですが、

今回の展示会では9月の栗原展出展者の一人である山谷信子(やまやのぶこ)さんの蓮クラフトをディスプレイに使用してくれています。

9月に展示したハスフラワーをコーディネーターの坂巻素子さんが紹介してくださいました。

是非使わせて欲しいとの要望により、坂巻さんがディスプレイしてくださいました。

震災をともに乗り越えてきた神戸と栗原の工芸品のコラボレートがフランス・パリの地でひそかに実現していることを嬉しく感じました。

エスパス・ジャポンとコーディネーターの坂巻さんに、改めて心から感謝しています。

私達もここ栗原で12月の展示会の成功にむけ、がんばりたいと思います。

 海う
新着情報一覧へ