【※2017~2018WC第4戦4kmTP銅メダルの日本チーム、左から橋本、古山選手、中村選手、鈴木選手/写真提供:More CADENCE】

 

新副キャプテン 橋本優弥(3年/岐阜県出身)

2017~2018 ワールドカップ 4kmチームパーシュートで2大会銅メダル獲得

2018 アジア選手権 4kmチームパーシュート 金メダル(アジア新記録) 他

※大学進学後に4kmチームパーシュートで日本記録更新4回、各種全国大会優勝7回などを記録。

 

 最近の私はナショナルチームの一員として、東京オリンピックに向けた強化活動を行うため、伊豆ベロドロームのある静岡県や世界各地を転々としながら毎日を送っています。

 

 こうした活動に参加できるのは鹿屋体育大学の最先端の医科学サポートやチームの指導と仲間の支えがあってからのことで、鹿屋に進学していなければ想像さえ出来ません。

 

 私が鹿屋への進学を選んだのは、同じく鹿屋出身でナショナルチームにいる兄(英也/2014仁川アジア大会、2018ジャカルタアジア大会で連続金メダル他)の勧めでした。

 

 実際に来てみて、競技環境の良さは勿論ですが、地元の人の暖かさも噂通り、食べ物もとても美味しくて全てが大満足でした。

 

 今ではハードな遠征が終わると「早く帰りたい」と鹿児島(鹿屋・大隅)が大好きになってしまいました。

 

 ここは本土最南端で不便な場所ではありますが、日本中の皆さんに遊びに来ていただき、本物の大隅半島を体験していただきたいと願っています。

 

 もしその時に自転車部のウエアを見かけたら是非声を掛けて欲しいです。

 

 皆さんとの交流を深めると共に、私達の世界を目指したトレーニングに無くてはならない施設を造りたいので、どうぞ暖かい御支援をよろしくお願いいたします。

 

 

新着情報一覧へ