伊藤雅和(NIPPO VINI FANTINI FAIZANE所属/神奈川県出身)

 

プロフィール
2011年3月 鹿屋体育大学卒業
入学直後の4月29日に全日本学生クリテリウム選手権で優勝、在学中に4回の全国制覇を記録、日本ナショナルチームでも2009年ツール・ド・インドネシアで2勝を挙げるなど、学生のレベルを超越する活躍を見せた。
卒業後はプロロードレーサーとして、2012年ツール・ド・シンカラで勝利を収めるなど活躍する一方、選手生命を脅かす2度の大きな怪我も経験、自転車選手の厳しさに苦しみながらも、見事復活して活躍を続けている。

 

 皆さんこんにちは、僕は今、レースでコロンビアに来ています。

 

 今回クラウドファンディングを行い、大隅半島にトレーニング施設をつくるという話を黒川監督から聞きました。OBである僕も少しでも力になりたいと思い協力を呼び掛けたいと思います。

 

 僕は現在、NIPPO VINI FANTINI FAIZANEという、イタリア国籍のプロコンチネンタルチームに所属しています。選手はイタリア人とスペイン人、コロンビア人、そして日本人の4ヵ国で形成されています。


 日本にいたら味わえない様々な文化とふれあい、世界的にも有名な選手や物凄く強い選手達とチームメートになり、日々素晴らしい経験をさせてもらっています。

 

 そんな僕の自転車のルーツの1つでもある鹿児島県鹿屋市。

 大学4年間を鹿屋市で過ごさせてもらいました。

 

 沢山の地元の方々、スポンサーの方々、チーム関係者に支えられ、競技に集中できる環境を整えてもらい4年間自転車に打ち込むことができました。最終学年ではキャプテンにも選んで頂き、人としても成長できた場だったと思っています。

 


 もともと素晴らしい環境がある大隅半島。


 ここに室内トレーニング施設ができるとは、何ともまた良い話だと思いました。今後の自転車界を担っていくであろう学生、今後利用するかもしれない少年少女達の明るい未来を是非一緒につくってみませんか?

 

 

 この施設が完成した暁には、今いる学生達は一切言い訳できないですよね?

 

 外を走っても良し、中でも最高のトレーニングができる。

 

 言い方厳しいかもしれないですが、今沈んでしまっている中々結果を残せない学生達も、これをきっかけに多くの人達から応援されていることを自覚して頑張って日本一に返り咲いて、さらには世界を目指して欲しいと思います。


 ロード班出身の身としてはロード帝国鹿屋の復活を期待しています。

 

 

 鹿屋での縁を戴き鹿児島県人と結婚し、日本にいるときは鹿児島市に在住していますので、僕も是非利用させて頂きたいです。

 

 時々RINJINBASEに登場しますので、一緒に汗を流しましょう。
 

新着情報一覧へ