クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

心とお腹をいっぱいにする「日本の老舗」英語映像を制作したい!

安原眞琴

安原眞琴

心とお腹をいっぱいにする「日本の老舗」英語映像を制作したい!
支援総額
332,000

目標 200,000円

支援者
15人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2015年02月24日 21:45

老舗の本の進捗状況をお伝えします!

みなさまへ

 

老舗プロジェクトに、多大なご支援とご声援を賜っておりまして、

誠にありがとうございます。

 

いよいよ、最終の引換券『5000円で行ける東京の老舗を食べる(仮題)』をお渡しする締切が近づいて参りましたので、進捗状況をお伝え申し上げます。

 

大変申し訳ございませんが、3月までにお届けする予定でおりましたが、少し延びてしまいます。取材の許可は亜紀書房にとっていただいておりますが、仕込みが一段落し、お客さまのいらっしゃらない時間を見計らうなど、取材できる日時が限られており、許可を頂くのが難しかったためです。

 

しかしながら、すでに20軒以上の老舗取材を終え、それらの写真と執筆、そして建築家兼画家の方による挿絵も、ほぼ終わっておりますので、完成まであとわずかのところにきております。亜紀書房の編集の方も、装丁や校正、本組などに取り組まれているところです。

 

取材を重ねるうちに、老舗の奥深さや、東京の町や食材などの歴史が、いっそうよく見えて参りました。目からウロコのお話もたくさん伺いました。

 

みなさまに、そんな老舗にまつわるストーリーと老舗の魅力をお伝えできればと思っております。

 

みなさまには、大変申し訳ございませんが、刊行日が近づいて参りましたら、あらためてご連絡させて頂きますので、お届けまでいましばらくのご猶予をお願い致したく、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

安原眞琴

 

 

写真は、樹木に囲まれながら、ゆるりとした気分が味わえる、

上野の森にある伊豆栄梅川亭さんのお部屋です。

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・老舗HPのURL付きサンクスメール
・選りすぐりの10軒の東京老舗情報を、歴史散策用の周辺地域情報と共にメールにて送付。

支援者
4人
在庫数
制限なし

8,000円(税込)

・引換券#1
・書き下ろしの『5000円で行ける東京の老舗を食べる(仮題)』(亜紀書房)を出版社より送付。
(刊行予定の2015年3月までにお届けします。)

支援者
10人
在庫数
40

15,000円(税込)

・引換券#1、#2
・老舗の和菓子家さん「秋色庵大坂家」の最中
(24個木箱入り)
(10月4日までのご希望日に合わせて大坂家さんよりお届けします。)

支援者
0人
在庫数
20

40,000円(税込)

・引換券#1、#2、#3
・吉原土手にある老舗桜鍋「中江」の食事券
(10月4日(土)17:30より。食事場所は、3名様までは中江本店、4名様以上の場合、現在中江別館で、かつて江戸吉原のお茶屋さんだった料亭「金村」と致します。どちらも安原が江戸吉原等の解説をさせて頂きます。)

支援者
2人
在庫数
4

プロジェクトの相談をする