プロジェクト終了報告

2016年09月21日

「The Power Cap」生産プロジェクト 終了のご報告

大変お待たせしておりましたThe Power Capが完成しました!

そして、発売前に最初にご支援者様にお送りするリターンの発送を8月27日にようやく開始でき、9月16日にお受取下さったのを最後に無事にリターンのお届けが完了しました。

 

 

支援金は総額418,000円からREADYFORさんの掲載費用が差し引かれ、9月9日に銀行口座に350,284円が入金され、以下のように使わせていただきました。

 

1.材料費    約83,000円

2.プリント関連費用  約150,000円 

3.縫製費用 約100,000円

4.その他の費用 約85,000円(READYFOR掲載費用を含む)

 

このプロジェクトは帽子を100個作るプロジェクトとしてスタートしました。しかし、オリジナルで作るパッケージや織りネームの1度の注文ロットが100個のみでは大変割高になり、1個あたりのコストが非現実的な価格になってしまうのでパッケージは1,000個、織りネームは3,000枚で発注しました。ですので、実際の支払には支援金にプラスして自己資金も使いました。

 

 

今回のリターンは、The Power Cap/basicのブルーが一番人気でした。実は準備していた数をブルーだけ超えてしまい、あわてて追加生産したため、一部の方に向けた発送が9月になってしまいました、申し訳ございませんでした。

 

 

生産の流れをご説明すると、まずは生地を取り寄せ検品し、次に遠赤外線加工のプリントをし、戻ってきた生地を検品し、さらに縫製にまわし、縫製が出来たら仕上げ、パッキングという工程をたどります。ですので、出来上がるまでにはかなりの日数を要します。今後はしっかり在庫を持っておくこととが大事だとつくづく思いました。

 

 

ブルーは男性にも女性にも好まれる色だと知りました。今後の生産では他の色より多目に生産しておくようにします。(確かに、私の卓球ウェアーもブルー系が多いような気が・・・。)

 

ご支援者様の男女比は男性の方が多かったのですが、女性のニーズもはっきりと実感しました。闘病中にも係わらず何通もメッセージをお送り下さった方もいらっしゃり、とても励みになりました。どうもありがとうございました。

 

ご支援者様の住所も様々で、プロジェクト成立後に見て驚きました。行ったことのない町、会ったことのない人に届くのだと思うとワクワクし、パッケージを開けて喜んで下さる情景を想像しながらリターンの準備をしました。

 

また、マスコミ・メディアの方からは「広告を出しませんか?」「面白い商品ですね。」とお電話いただき、facebookでは海外在住の日本の方からも問い合わせのメッセージをいただき、手応えを感じることが出来ました。

 

そして・・・学校時代の同級生、先輩、発明教室の仲間、チーム青山フューチャーズの仲間、中小企業家同友会の仲間、卓球仲間、両親、READYFORの柴崎さん、さらに製作にご尽力下さった皆さま、本当にどうもありがとうございました。皆さまの顔を思い浮かべると、涙が出そうです。

支援金の集まり具合を心配して電話をくれた方、集まらなかったら残りの全額を出してあげるから心配しないで、と声を掛けてくれた方、今日は何人の方に声を掛けましたか?と鞭を入れてくれた(笑)柴崎さん・・・プロジェクト期間中には色んなストーリーがありました。

クラウドファンディングは初挑戦で、ほんの数ヶ月の取り組みでしたが、たくさんの経験をさせていただいた気がします。この経験を出発点として、これからはより多くの方にこのThe Power Capを使って頂けるよう、努力して参りたいと思います。

 

そう言えば、この体験を発明教室、同友会の例会でスピーチさせていただく機会を持たせていただきました。そこでは、多くの方がクラウドファンディングに興味を持たれている事がわかりましたが、逆に知名度は意外に低く、実体がまだまだ周知されていないということもわかりました。

私自身はこのクラウドファンディングの仕組みはとても良いと感じています。賛同してくださる方を日本国中から募ることができ、自分一人では集められない資金を少しずつ多くの方に出していただけ、それが多くの方の目につき、宣伝効果にもなります。どこかで誰かが応援してくれていると思うと楽しくなり、夢を持てます。

 

このクラウドファンディングの期間に私は、2種類の補助金を申請し、銀行や信用金庫で融資の申込もしました。そこでは、多くの書類を徴求され、実際に出向き説明もしましたが、全て却下されました。残念ながらそこに夢はなく、寂寥感が残っただけでした。

 

私の体験をシェアすることで、この仕組みが少しでも広がれば、是非貢献したいと思っています。そう言えば、発明教室の受講者さんの中にもクラウドファンディングに挑戦してみよう、という方が出てこられました。資金獲得とマーケティングに是非活用されると良いと思います。

 

クラウドファンディングの終了後も、「あの帽子、どうやったら手に入るの?」と問い合わせをいただいています。これからは販売となります。

手始めとして、この10月からYahoo!ショッピングで販売を開始できるよう、今準備しています。まだ大量に生産できないので、じわじわと人気が出てくると嬉しいです。

 

このプロジェクトはこれで終了となりますが、皆さま、これからもThe Power Capをどうぞ宜しくお願いします。皆さまのお力で誕生した「生まれ変わった育毛促進用帽子」が今後どうなっていくのか、楽しみにしていてください。

最後に、応援いただき本当にどうもありがとうございました。

心から感謝申し上げます。

                 

                      有限会社ジャムティガ 奥久惠美子