地中海を本に見立て、海に泡で詩を描くこのプロジェクト、規模が大きすぎて発案当初、面白く素敵だけれど実現不可能なのでは、といろいろな方からご指摘受けました。
今回、このアートプロジェクトにご賛同いただけた方々のお力で、今年の夏、その夢がいよいよ現実となります!

クラウドファンディング終了1ヶ月前まで金額が2桁台、正直ちょっと難しいかも、と思っていました。でも、その時点で応援してくださっていた方々の為にも、プロジェクトを絶対実現させようと我々は覚悟は決めていました。

クラウドファンディング、最後の1週間の追い上げはものすごいものがありました。以前から繋がりある個人の方や、これまでお仕事を一緒にしてきた企業の方、またこのプロジェクトに共感してくださった方々から、たくさんの応援メッセージをいただきました。またそれぞれの方が各所にお声がけいただいていた事実も知りました。クラウドファンディング1週間前まで、皆さまが企業などへ可能性を探ってくださっていたという事実、とてもとても感動しました。
そして最終日、遠い目標額であった500万円を皆さまひとりひとりのお力で達成することが出来ました。
ほんとうにありがとうございます!

皆さまのお気持ちで私たちはモチベーションを保ち、ここまで来ることが出来ました。
私たちは、今も尚夜遅くまで展示関連作業を続けています。写真は空間演出研究所の西と安藤(プロジェクトメンバー)が作成した模型です。これにより、マルタスタッフと設置作業に関する打ち合わせを近日おこなう予定です。
これからも作業工程等、このページを使って日記のようにご報告続けられたらと思います。楽しみにしていてください。

最後に。
これまで多くの実験を続けてきましたが、本番でほんとうにうまくいくのか、正直不安だらけです。新しい表現を生むにはリスクも伴います。ただ、既製品の組み合わせでリスクなく想像を超えた作品を作れるものではなく、新しい表現を生むには常に苦しみを伴うものだとこれまでの作品制作経験が教えてくれています。
今回も既に相当の苦しみを味わっており、本番まで気が許せない状況が続いております。なんとしてでもこのプロジェクトを実現させるべく、私たちは日々努力を続けております。

クラウドファンディング目標額達成が、我々作家としての次の一歩へと繋がりました。
いよいよ生まれる、「The Book in The Sea」。実現までを皆で一緒に楽しめたらと思います。
これからも引き続き、応援を宜しくお願い致します!!

空間演出研究所所長・アトリエオモヤ代表 鈴木太朗、メンバー一同