2階の床板が重ね張りをされて強度が増しました。

一面ぴっしりと引き締め詰められています。

もうこの段階から大工さんの腕が良いのがわかります。

 

写真を見るとすでに同時に電気配線が配置されてるのが分かります。

リノベーション工事なので順序良くというわけにもいかず、

先を読んだ工事をする経験が本当に必要だと思います。

 

そして一階もいよいよ工事開始。

「小さく区切る」の最初の区切りができました。

 

思ったよりも広い?が正直な感想です。

 

後々思うのですが、「小さく」といってもそれは昔の木造の大きさなりの「区分け」です。建物の大きさに合わせた区分けは違和感がないのが少しずつ分かってきました。

 

色々と工事道具も入ってきて、本格的な「現場感」が出てきました。

新着情報一覧へ