プロジェクト終了報告

2017年11月30日

はじまりのおたより

このクラウドファンディングにご支援頂きましたみなさま。

ご覧頂きましたみなさま。

 

最後に新着情報をアップしてから2カ月が経ちました。

 

この間の2カ月は入居が決まった各お店の準備に追われ、

なかなかThings.YANAKA全体のお話ができませんでした。

 

「一つの建物を3つに分ける」という方法は

悩みや苦労や苦しみも3倍。だけど喜びも3倍。

ということになりそうです。

 

3つのそれぞれのブースには、

台湾茶と刃研ぎ屋さんが入るところまでは

ご報告いたしましたが、

この2カ月の間で最後の3番目にオールハンドメイド革小物の

「アトリエ リュテス」の入居が決まりました。

 

それぞれの出店者にはそれぞれのドラマがあり、

Things.YANAKAへの出店理由はそれぞれあり、

 

地域の為、商店街の為、観光の為と、

沢山の想いの為に作り上げたThings.YANAKAに

ふさわしい顔ぶれとなりました。

 

現在現地では、刃研ぎ屋さんのブースが完全に完成、

革小物さんはクリスマスの注文の品の製作に集中しており、

台湾茶さんもお茶の試飲の為の特性カウンターを作っている最中で、

 

それぞれが完全にオープンするのは12月中旬から来年となりそうです。

 

谷中銀座商店街の人は本当に日に日に増えていますが、

そのど真ん中で純日本風の建物の中では、

日々新しいお店たちが協力をしあって毎日を過ごしています。

 

そういえば、

3つが集まっているので毎日活気があり、

新しい場所で一人でさみしく起業するということもなく、

賑やかで楽しい空間となったのも新しい発見でした。

 

これからはそれぞれのお店の宣伝を沢山行うことで、

この建物自体を楽しんで頂き、

そして2階からの谷中銀座商店街の風景も観光のお土産に

持ち帰って頂きたいと思っています。

 

Things.YANAKAを作って実際に思ったのは、

良い体験(観光)をするのに、

本来はお金は掛からないということです。

 

小さなちびっこもお金を払うことなく、

楽しい経験をしてほしいと思っています。

 

そんな場所に素敵になれたらと思います。

 

昨日ですが、Things.YANAKAを作ってきた

設計士、工務店、そして建物の所有者、

それとそれぞれのブースの出店者で懇親会を行いました。

 

Things.YANAKAに掛ける想いはそれぞれがあり、

気持ちや思いを交換しながらとても良い時間となりました。

 

ひとつの不動産を通じて、色々な人が未来を夢見る。

そんなことが今回のプロジェクトではできたと思います。

 

最後に撮った集合写真がとても素晴らしいです。

とても出会ったばかりの人たちとは思えません。

 

とても楽しみなThings.YANAKAをこれからもよろしくお願い致します。

 

 

またご支援頂きました方々へのリターンの送付が上記の理由から

大変遅れてしまっており申し訳ありません。

 

Things.の立ち上げも手を離れたので、

すぐに発送作業に移りたいと思います。

 

2017年今年最大の挑戦は本格的に始まったばかりですが、

挑戦することができたのはとても貴重な経験でした。

 

『今の小さな子供たちに「将来不動産屋さんになりたい」と

言ってくれるような仕事や業界にする』が個人の志です。

 

それへも少し近づいたかと思います。

 

こんな不動産屋さんが千駄木にいます。

またどこかで違う不動産屋さんも良いことをしてくれると嬉しいです。

 

そして最後にですが、お気軽に現地にお越しください。

3つのブースのそれそれはまだ色々と不安な中で頑張っています。

 

沢山の人が来ることで勇気づけられます。

 

そして地域を、商店街も楽しんで頂ければと思います。

 

 

今後もThings.YANAKAの進捗はご報告させて頂きます。

 

引き続きよろしくお願い致します。

 

2017.11.30 コムガーデン 株式会社尚建 代表取締役 徳山 明