こんばんは!つぼみプロジェクト広報担当の米田晴香です!



クラウドファンディング9日目となりました。



現在までに90,000円のご寄付をいただき、達成率は30%です!



たくさんのご支援ありがとうございます!引き続きご協力お願いいたします!



本日は、おとといに引き続き、「被災地で感じたこと」について、お話ししていきます。



 



--------------------------------------------------------------------------------



その後、商店街を堪能しながら、ふと訪れたのはある写真館。



ここには、震災前の様子から震災のあった3.11、そして今日までの様子を収めた写真が展示されていました。



一瞬で町を飲み込む津波の怖さ、残酷さ、



また、一歩ずつ復興へと向かっていく人々の力強さを感じました。



そして、何よりも強く感じたことは震災の前からそこにはたくさんの人の暮らしがあったということ。人々が積み上げてきた日常があったということ。



これはすごく当たり前のことだと思うかもしれません。



でも、思い返してみると私たちがニュースや新聞で目にするのは災後の被災地の様子ばかり。それ以前の町の様子をまったくというほど知りませんでした。震災で大変な状況だということは頭で理解していても、いつのまにか震災後の被災地の様子が日常として記憶されていたのだと気が付きました。



現地に行き、五感で感じ、そこで出会った人々と交流したからこその気づきでした。



もし自分の住む町が同じように地震や津波に襲われたら…。



以前よりずっとあの日の出来事が身近なものとして胸に迫ってきました。



地元の人とお話する機会もありました。



みなさん優しくて、あったかくて、そして復興に向かって前を向いていました。



最後に、



「6年経っても復興はまだまだ。どうか忘れないでほしい。」



これは地元の方がおっしゃっていた言葉です。



ずっしりとこの言葉が心に響きました。



一日という短い時間でしたがとても濃い、貴重な時間になりました。



この日のこと、忘れません。



しっかり心に刻んで、私たちも被災地のために何ができるのかを考えながら、前に進んでいきたいと思います。



 



--------------------------------------------------------------------------------



いかがでしたか?



次回は日曜日!次の記事もぜひご覧ください!



 



 



▶READYFORでの支援はこちら!



https://readyfor.jp/projects/Tsubomi-roje



▶つぼみプロジェクトのHPを更新しました!



http://kyouikusaikou.jp/activity/tsubomiproject/



 



▶つぼみプロジェクトのFacebookでも情報を発信しています!https://www.facebook.com/roje.tsubomiproject/



 


新着情報一覧へ