先日、すごく嬉しいことがありました!

 

なんとこのプロジェクトページを見たというジンバブエの方からメッセージが来ました!

 

しかも日本からです!

 

なんと、その方は現在日本の大学の博士課程に在籍している留学生で、自身でもジンバブエの孤児問題をなんとかしたいと勉強しておられるそうです。

 

そして、学業の傍ら、日本でジンバブエの孤児の為に古着や文房具を募る活動をしておられ、このプロジェクトの地域にも送付したいということでした。

 

本当にありがとうございます!

 

過去にこのブログでも紹介してきましたが、この施設の建設の為に


①ジンバブエにいるジンバブエ人
②ジンバブエにいる日本人
③日本にいる日本人


のチームでよいものをつくろうと奮闘してきました。

そして、ついに


④日本にいるジンバブエ人


という日本とジンバブエをつなげるのに重要な方が現れました!

 

プロジェクトを始めた当初から

 

「ジンバブエ人のジンバブエ人を救いたいという気持ち」

 

ということをキーワードに活動してきました。

 

今回も日本からわざわざ連絡をくださり、少しずつ広がりやつながりを感じております。

 

プロジェクトの内容や進度は客観的に見なければいけませんが、本当にこのプロジェクトをおこなって来てよかったと感じております。

 

そのために、まずはプロトタイプである今回のプロジェクトを完成させる必要があると痛烈に感じています。

 

残り20日強。

 

最後までどうぞよろしくお願い致します。


神谷勇机

新着情報一覧へ