アフリカゾウの涙は、滝田と山脇を中心にアフリカゾウとサイの保全に向けて活動をして参りましたが、私たちの力だけではここまでこれませんでした。ケニア側でも、日本側でも、大勢の仲間やサポーターのみなさんにこつこつと助けてもらい、ここまで続いています。とにかくこのままでは野生のアフリカゾウが子供たちが大人になる前にいなくなってしまう、、、ということに焦りを感じて手探りではじめた私たちでしたが、その緊急性や必要性を理解し、賛同して信じてついてきてくれた大切な仲間ひとりひとりのおかげです。

 

アフリカゾウの涙をやっていて本当に良かったって思うのはいろんな人と出会えたこと。アフリカに関わりを持っている方よりも、全くアフリカに関わりがない、そんな方の方が仲間に多い気もします。立ち上げの頃から支えてくれているメンバーや、数ヶ月に一度手が空いた時に必ず助けてくれる仲間、年に1度必ず恒例イベントで手伝ってくれる仲間や、会ったことないけど毎月支援をしてくださったり、お便りをくださる方もいれば、職業もみんなバラバラで、本当に幅広いカラフルな仲間に支えてもらっています。この多様性は本当に宝で、大切にしていきたいなと思っています。

 

そんなすてきな出会いのひとつが〆野潤子さんとの出会い。本当にいつも感謝のみ!「牙なしゾウのレマ」が出版される前、下書きの頃からとても興味をもってくれ、出版された時に真っ先に「本当にすてきな絵本!!読み聞かせやって広めよう!」と言ってくれました。アンパンマンやクレヨンしんちゃんなど人気アニメ、海外ドラマやゲームなど幅広く声優として活躍されながら、8Dという子供教室も開き、また声優仲間とけんけんパークという読み聞かせ活動もされて多彩多忙な方なのに、いつも時間を作ってくれ、レマを通してひとりでも多くの人にアフリカゾウの魅力を知ってもらい、それがより良い地球にと思って協力してくれています。そんな〆野さんから、動画メッセージをいただきました!

 

 

新着情報一覧へ