こんにちは

あいでみ共同代表の里 佳純です。

私は「食の安全」についてのプレゼンの調べ学習で、「漁業」について調べています。

私の住む相馬市は漁業が盛んな市でした。活魚が有名で、活ヒラメは昭和天皇に献上された程! 水産物のレベルは高く、漁師さんの腕も優れていました。

震災はそれらを壊してしまいました・・・。

 

しかし、それでも立ち上がるのが、相馬の浜の男たちです!

私は、震災後自分で立ち上がり、仲間と共に様々な取り組みをしている方にお話を伺いました。私は地元のことなのに、あいでみでその方と関わるまで全くそのことを知りませんでした。私が知らないのだから、相馬市外には福島県外には中国には知らない人がたくさんいるでしょう。こんなに素晴らしい活動をしている人がいるのに全然知られていないことを私は悲しく思いました。

 

だから、私は相馬の漁業関係者が復興のために行っている取り組みを、きちんと中国の高校生たちに伝えて来ます!

 

Readyfor?、あと9日! 私たちの熱い思いを中国の高校生たちとぶつけるために、皆様のご協力が必要です。Facebookでのシェア、ご支援をよろしくお願い致します。

新着情報一覧へ