皆さん、こんにちは。

二宮翔会の辻下です。

 

テスト週間も明け、春休みに入りました。

今後は機体完成に向けてひた走っていきます!

 

さて、今回紹介するのは『桁班』です。

この班は主翼桁と呼ばれる、主翼の中に通っているパイプを設計する班です。

最も長いこの部位は、重すぎると飛びませんし、

軽くしても強度が足りないと折れてしまいます。

このせめぎあいを最適化するのが彼らの仕事になります。

 

そんな桁班ですが、どうやら勉強中のようですね。

2016年の桁設計者である3年生が1年生へ桁設計について教えています。

知識の伝承はサークル全体のチーム力向上につながります。

難しいかもしれないけど、頑張れ!一年生!

 

 

 

新着情報一覧へ