笠岡TF

皆さんこんにちは。
二宮翔会の辻下です。

 

本日9/25の笠岡空港でのテストフライトの様子をご報告いたします。

結果としましては、思い通りのフライトをすることができず、翌26日にも予定していたフライトを断念せざるを得なくなりました。

 

笠岡空港に持って行く前に、愛媛大学の山越グラウンドを使用し、二回試験飛行を行ったのですが、試験飛行中のクラッシュ、及び悪天候を受け、十分な調整ができておりませんでした。

笠岡空港でのテストフライト中、主翼の致命的な欠陥が露見し、当日中の修復が困難だと判断し、撤収の決断を下しました。

尾翼の制御により修正を試みましたが、制御できる範囲を超えており、飛行中に安定した挙動をしておりませんでした。

 

6時過ぎ頃から、見学される方もお見えになりました。わざわざ岡山県まで足を運んで頂き、誠にありがとうございました。
機体の調整中、理想的なフライトをお見せすることができず、申し訳ございませんでした。

 

しかし今回のTFは、新入生にとっては有意義なものになりました。初めての空港を使ったテストフライトで、天候にも恵まれ、試行回数も多く取ることができました。
主翼の欠陥を尾翼で制御できる範囲も探ることができました。
今回で収集したデータを解析し、原因を部員に周知し、今後に生かして行きます。また、翼の改修を行い、予備日として設定していた10月9日に再び飛行試験を行うことも考えております。

 

本日は不本意な結果となってしまいました。これをただの失敗に終わらせず、フィードバックして次に活かしてゆき、また皆様に良いご報告ができるよう邁進して参ります。
重ねまして、遠く岡山まで来て下さった方々、誠にありがとうございました。記念撮影や搭乗体験に関しましては、また後日に設定致します。
どうぞ今後とも応援をよろしくお願いします。

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています