みなさんこんにちは!

二宮翔会の辻下です。

 

今日は飛行機の骨組みの接合部の強度試験の様子を実況します。

強度試験とは、製作物に実際かかる力にかけてみて、耐えうるかを調べる試験です。

 

全員がヘルメットをかぶってゴーグルをつけて、4人は梁を固定するために座っています。私(手前に居ます)はその梁におもりをのせていく係です。全部で75kgのおもりをかけていきます。設計では人間1人は余裕でぶら下がれるので全然大丈夫なのですが、部員はなぜか完全装備で着席しています。そういえば私もゴーグルまで着用していました。私としたことが、設計を信じていないのでしょうか…。

 

 

結果、今日の実験では目標の重さに耐えることができました。これで接合部の構想はあらかた決まったと思います。今日は全員で5人のヘルメットとゴーグルをつけた奇妙なライダー達でしたが、次回は7人ライダーまで増えるかも??

 

残りもあと16日になり、目標達成まで残り65万円となりました。

最後まで部員一同頑張りますので、応援よろしくお願いします!

 

P.S.

ヘルメットとゴーグルは衝撃と破片飛散の危険性を考慮し装着しています。安全に留意した結果なので、決して遊んでいるわけではありませんよ!

新着情報一覧へ